けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

NTコラム38 細かくやってみよう

こんばんは!

 

今日はなんか色々バタバタしてました。

 

ロゴのこととかデザインのこととか興味あるけどなかなか行動していない。

 

 

自分で作れるようになりたいなあ

 

 

Macbookも持っているので、せっかくだしなあ。

 

 

そして何故そんなことを思ったかと言うとやっぱりこのイベントについて考えていた時に、

 

 

f:id:kenchan1023:20190218005643j:image

 

 

寿司だって表現の一つなのかもしれないけれど、

 

 

やはり型がものすごく決まっていてなんとなく表現と呼ぶには難しさを感じていたりします。

 

そんな時、このイベントのことを思います。

 

あらゆる部分に張り巡らされてキメの細やかさがすごいなと。

 

寿司だってそう言う要素はものすごくあるし、

 

 

コンセプトをはじめとして、どこをどのようにきめ細やかにやっていくかだけだなと思います。

 

 

 

例えばお店のロゴやデザイン。

 

 

お皿など。

 

 

出す日本酒、寿司のネタ

 

 

全てに対してどこまでやれるか。

 

 

これにかかっているように思います。

 

 

それは昨晩の81でのことについても同じだし。

 

 

 

実際に手を動かしてる人は素晴らしいなあと思います。

 

 

なぜこうなっているのか?ということを実際にやっている人は少ないと思う。

 

 

 

頭の良い人は、パターン化の中で分かった気でいるようにも思う。

 

 

 

例えば化学もそうだろうし、人間の体もそうだろうし。

 

 

名前を覚えて、なんとなくの機能を知って、条件式に当て込んで行くとだいたい分かった気になってしまう。

 

 

でも、なんで車が動いているのか自分で作って動かしてる人は少なかったりすると思います。

 

 

そういう部分って何をする上でも大事だなあと最近強く思います。

 

それを諦めるのか妄想してるというのか、切り開くのか。

 

昔はできなかったかもしれないけれど、今はそれをやるべきだと思っています。

 

コンピューターの発展、インターネットやai 、人間を補助するものがとても増えました。

 

なので、多くのことを短い時間でできる。

 

 

無駄な雑務が減る。

 

 

そういう中で、何を目的としていくのか。

 

 

コンセプトを形にするところが人間のやるべきことなのかなと思います。

 

 

 

そして、これをとても細かいミリ単位に乗せていくのが人間の仕事かなと思います。

 

 

 

これからの自分との勝負はこんなところかなと思います。

 

 

がんばろう!