けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

NTコラム9 アートは優しい

こんばんは!

 

寝落ちしてしまっておりました、、、

 

書いたらまた寝ます。

 

このコラムも第2章。

 

 

関わり始めてということでしたが、

f:id:kenchan1023:20190119042418j:image

 

こんな感じの力強いメッセージ性の作品ですから、

 

作った方もまた強烈で厳しくて強いのかと、

 

 

勝手にビビってたのですが、、、

 

 

連絡を取ってみるととても優しそう、

 

 

連絡をした当日に、良ければ会おう!と言っていただいたり、

 

 

でも予定合わなくてその数日後になった時も、

 

 

遅刻した僕を、余裕で許してくれて、

 

 

その感じとかがある意味拍子抜けというか、

 

 

 

とてもイメージと違って。

 

 

アートは優しいんだって。そういうことを感じるきっかけにも。

 

 

アートは優しいって言うけれど、その理由はアーティストは何かに不自由をしてるからかなと。

 

 

生き辛さを深刻に感じてたりする。

 

 

だから他人を許せるし、表現は社会に対してしてたりする。

 

 

表現をしようとしているわけではなく、湧き出ているというのは当然だけど。

 

 

だからビビットなカラーの裏には、攻撃的な強さは全くなくて、でも思いはある。

 

 

そんなことを些細なことからとても学びました。

 

一言や、たった一瞬のことだけど、僕に取ってはとても大きい前進。

 

 

これは寿司にも生きている。

 

アートは優しい。

 

 

優しくなりたいと。

 

 

おやすみなさい