けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

NTコラム5 Love

こんばんは!

 

f:id:kenchan1023:20190114223700j:image

 

 

少しずつまた埋まりました!

 

是非是非ご検討下さい。

 

この、2時間ほどのひと時を過ごすことで、演出それ自体だけでなく、その後に何が自分の中に生まれるのか。

 

そういう部分を目標に活動していて、そのコンセプト部分を知って欲しくてこちらを書いていたりします。

 

今回のコラムは愛について。

 

 

愛にはいろんな種類があるけれど、

 

 

お店を始めた時からいろいろなことを思考し、愛と破壊というテーマを思いつきました。

 

 

これは、今日見た映画、こちらでも同様だなあと。

 

f:id:kenchan1023:20190114225513j:image

 

カルチャー、特に新しいものを取り入れようとするときに必要なものは、受け入れる愛、

 

 

そして、既存のものを破壊すること。

 

 

この2つが揃わなければ、何もおきえない。

 

 

そんなことを思います。

 

 

このイベントもどこかでここに通じているように思います。

 

 

昨日も少し書きましたが、先入観というものはなかなか根強いです。

 

 

これを伝統的な寿司屋がやることはまずないな、

 

 

そんなことを思いました。

 

 

そして、"自分なら"と思えたことでもあります。

 

 

どんどん挑戦したい。

 

 

そんなことを思ったのもここから。

 

 

ただ単にNyotaimori に興味を持っていただけるのも良いけれど、これを体験型のアートとして見ていただきたい。

 

 

そう強く願います。

 

 

このメッセージを受け取っていただける人が少しでもいたらということを切に思います。

 

 

昨今の飲食ブームは異常で、おかしなお店が増えているように思います。

 

 

職人さんとしてかっこいいはずの人が、とても滑稽になってしまうのは消費者にも責任があるのでは、と問いたい気持ちもあります。

 

 

僕らは消費されたくてやってるわけじゃないんだ、

 

 

そんなこともどこかで伝わってほしい。

 

 

料理人さんにも来ていただきたいイベント。

 

 

ぜひ!!