けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

2018年総括

こんばんは!

899記事目となったようです。

こうしてみるとチリツモです。

明日で最後の2018年の記事となりますが、900件。

よく続いたものです。

とりあえず1000日続けて更新してみようと思います。

 

お店を開くまでということで始めましたが、もうすっかりルーティーンです。

朝まで続く飲み会とかでも、飲み会中に書いたり、トイレに立っている隙に書いたりと、書かないと1日が終わらないぐらい、風呂に入らないとい気持ち悪くて寝れない感覚というのか、

 

引き続き、来年も駄文にお付き合いいただければとても嬉しいです。

 

総括ということですが、特段何かこれっていうものがあるわけでもなく、日々常に一生懸命やって参りました。

 

その中でも、やっぱり寿司とか飲食店とかっていう小さい小さい仕事なのですが、「どのように社会に貢献できるのか。」ということは常に考えていたように思います。

 

最近は”個”が大事だというのだけれど、これを履き違えているような人があまりにも多い気がしていて、

 

確かに、大事なのだけど、それは個人プレーで自分勝手にやることではないし、個人でお店をやっていることに関して、誰にも縛られないと言ってくる人も多くいましたが、それもまた違うと思っていました。

 

興味があるのは、どのようにこの世の中を少しでも前進させるかということだから、やっぱり自分も最先端なものには触れてみたいと思うし、学ばなければならないなと思います。

 

それは飲食店の中でも色々考えさせられたし、それ以外でもです。

 

また、振り切れたものに触れることで、自分が生きている、思考している、サークルの小ささに愕然としたりもするわけですが、

 

その丸い器に関しては、大は小を兼ねるわけなので、のちに小さくすることもできるので、今は若いうちに大きく大きくすることも目指していたりします。

 

そんなベースを基に、海外遠征、Nyotaimori Tokyo とのコラボ、出張寿司、講演会、日本酒コラボイベントetc...いろいろなことをして参りました。

 

でも、特に、これっていうこともなくて、全ては前述したベースに思考をその日にやることをするだけというジワジワと愚直に目の前のこと、人、魚、全てに接した結果かなとも思います。

 

whatよりもhowだとか言いますが、今はそんな感じな気がします。

 

昨晩の出張寿司で今後の目標は?と聞かれて、本当に何も浮かびませんでした。

 

方向性をしっかり持って、日々を一生懸命過ごして行くだけだと思うからです。

 

目標を打ち出して、それを達成するとそこまででしか無くなる気がするので、あまり僕のスタイルではないようです、

 

2019年の仕事始めとかもよくわからないです。

 

年が変わっても、僕は変わらず、日々を全うに過ごして行こうと思います。

 

これって総括にもなってないのですが、そんな感じの一年でした。

 

愚直にやっていきます!

 

それでは。