けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

海外のお客様から学び

こんばんは!

 

今日はタイ人の方々!

 

今月は、タイ、台湾、韓国、香港と国際色豊かな月となります。

 

 

どこで、どんな情報を見てなのか分かりませんが、

 

 

ビジネスとして飲食を考えるなら、言語というのはかなりの武器になるのかもしれません。もちろん、マーケティングも。

 

 

超ブルーオーシャンです。

 

 

じゃあそれをやりたいかどうかって考えればそれはどちらなのか?と考える人もいるのかもしれませんが、

 

 

僕はどんどんこっちの方面で行けたら楽しいなあって思います。

 

 

鮨を手で食べるのを全く厭わないタイ人たち、

 

何故か、お茶漬けスタイルだとスプーンが欲しいと。

 

お椀に口をつけて箸で寄せてすするのにはかなりの抵抗があるようです。

 

 

こんな小さいことが面白くて、また学んだなあと思いました、

 

 

好みの味も露骨に、

 

酸味が好きそうです。

 

コハダと、サワラをポン酢で合わせたものがウケがよかったなあとか。

 

クリスマスには韓国の方、香港の方。

 

 

どんな反応なのかなあとかも気になりますし、

 

 

異文化交流の一つの形。楽しみです。

 

 

異文化の壁にぶち当たることだってあるかもしれませんが、それも楽しみです。

 

 

これからの時代は日本にもっと外国人が増えると思うので、そんなときに、常識は簡単に覆されるかもしれません。

 

その準備をしているわけではないのですが、

 

何をどう考えても、これから柔軟でいることは大切だなあと思うわけです。

 

忘れてはならないこともあるけど、変化も厭わず。

 

今日も楽しいです!

 

 

それでは!