けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

論理と経験を。

こんばんは!

 

最近はまた握りにはまっていて、握り多めのメニューになってます。

 

 

こっちの方が時間的にもゆったりできるような、、、

 

 

 

話す時間を長めにとれるぐらい余裕のある感じが自分には合ってるのかなあ。

 

 

寿司は仕込みがほとんどのような気がするので、

 

 

オペレーションも含めて全て準備!

 

 

そこをしっかりやっていこうと思います。

 

 

そして、勉強する時間を最近また取れていないので、何か刺激的なインプットをしなければなあと思ってます。

 

 

 

食べに行ってからの模倣ではなく、

 

 

例えば絵画を見た時の感覚、

 

 

音、例えば山を歩く時の音や

 

 

もしくは質感、

 

 

 

匂いは土地の匂いとか、

 

 

完成を豊かにしなければならないと思い始めました、

 

 

それは最近のインスタブームで、僕ももれなく勉強のために見てたりするのですが、

 

 

一緒に見えるようなものばかりでつまらないなあと思うからです。

 

独特な人は独特な感性で、いろんな経験をお皿の上に表現している。

 

 

 

それは必ず漏れ出るものなんだと信じてます。

 

 

だから、料理しかやってないというと、怪しくなる。

 

 

本当に自分と向き合うことを追求してる人は少なく、

 

 

何か情報を集めるだけの軽い力のものが多い。

 

 

心打つものはそういう形では生まれない。

 

 

 

論理と経験の挟み撃ち。これこそが大事だと思う。

 

 

両輪だからどちらも疎かにしてはならない。

 

 

偏るのは仕方ない。

 

 

でも、どうにもならない小さい世界の中でしかできていない人があまりにも多い。

 

 

 

じゃあ自分は?

 

 

 

自分のスタイルとは?

 

 

そんなことばかり考えてる最近です。

 

 

表現とは何か?

 

 

自分がいない世の中といる世の中の差分を考える、

 

それがなりたい姿。

 

 

もう1度考えようと思います。

 

 

今後のことも含めて。

 

 

それでは!