けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

タイでの仕事を振り返り。

こんばんは!

先日のタイでの出仕事の動画をもらってとても感慨深い気持ちになっております。

 

「寿司」を握り初めて3年ぐらいでしょうか、(寿司屋店主)
「タイ」でMaster Chefとして招待いただき、(年8回訪タイ)
「英語」でコミュニケーションをとりながら、(TOEIC900点)

 

3つのことをそれなりにやると、希少性が上がるという話を聞きましたが、

確かに!と思いました。


「料理人としての実力一本で海外に招待される」ぐらいには、

どれも中途半端だけれど、"寿司とタイと英語"の掛け算で「価値を高めること」ができる。

 

英語を勉強して良かった!タイに通い続けて良かった!寿司を握って良かった!

 

どれが欠けてもできなかった!なんでもない動画ですが、僕にとってはとても感慨深いです。。。

 

若いうちは色々経験した方が良いし、30歳までに何がしたいのか本当に考えるべきだと、

 

それも理解できるし、それはあと2年なので、もうちょっと色々なことをやりながら、

 

最重量をかけてこれだ!と思えるものを見つけたいです。

 

この掛け算的に価値を生み出すのは若さという大前提があるように思います。

 

 

歳を重ねるごとに、やはり重量が必要です。

 

 

歳を重ねても、やっていることが軽かったら、何も希少性もない。

 

だから、これからの2年は少し考え方を変えたいと思います。

 

 

ある意味で、最初の社会人としての数年の集大成は迎えたのかなと、、、

 

動画を貼りたいですが、できないので、リンクだけ。

 

https://www.facebook.com/magurogroup/videos/288037625251560/?t=3

 

 

これからどんな人生が待っているのか、

 

 

第二章へそろそろ行かなければと、

 

焦りにも似た感情を抱きながら、この動画を見ています。

 

 

明日も寿司を握ります。

 

でも、それだけではいけない。

 

 

がんばります!

 

 

それでは!

 

 

f:id:kenchan1023:20181124015156j:plainf:id:kenchan1023:20181124015153j:plain

f:id:kenchan1023:20181124015203j:plain