けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

海外に出てまた学ぶ

こんばんは!

 

多くの場合、人って自分の経験として物事を見たとき、感じたときにとても理解するんだなって思いますが、

f:id:kenchan1023:20181109200837j:image

f:id:kenchan1023:20181109200845j:image 

泊まっているレジデンスホテルのIHが、このブランドで、

 

 

大丈夫かなあとか思ってたんだけど、

 

 

 

ブランド見たら、あれ?これレアル・マドリードじゃないか?

 

f:id:kenchan1023:20181109201219j:image

 

 

あ、確かに、

 

 

じゃあすごいブランドなんだな、安心だって思ってしまった自分がいました、

 

 

バルセロナがRakutenとってのもきっと世界に波及するんだろうなとかは思ったけれど、

 

 

特にそこまで大きな意味として捉えてなかったけれど、

 

 

 

今回、IHって少し危険が伴うし、壊れたら困るもので、

 

 

 

レアルマドリードかあってなった瞬間に勝手に安心してる自分がいました。

 

 

 

これがブランディングだし、当然結果を出しているという信頼にも繋がるわけで、

 

 

 

それでも、こうやってものを買うんだなあって

 

 

 

世界戦略の時代、こういう部分でまた考えさせられました。

 

海外に出ると自分が日本にいるとき海外をどう見るべきかが分かる。

 

 

これは楽しいです。

 

また色々考えてみます。

 

それでは!