けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

甘美な老化

こんばんは!

 

今日も営業やりました!

 

最近は本当に楽しくできてます。

 

不思議なほどに。

 

明日でひと段落して、タイでの仕事の準備へと入っていくので、あと1日!

 

バシッとやりたいと思います。

 

営業は15日以降で再開です。

 

明日もし、18:00〜でしたら、少し席がございます。

 

ご検討くださいませ。

 

朝8時までに連絡をいただければという感じですが、、、

 

さて、タイトルにありますが、

 

甘美な老化って素晴らしい言葉だと思いました。

 

落合陽一さんが好きで、最近NPで読んだ記事に。

 

ワーカホリックのコンサルタントよりも働いていて、これはもう健康を害していると感じると。

 

脳細胞が死んでるなあとか感じるみたいですが、それもまた甘美な老化と人生の不可逆性を楽しんでいると、

 

近年はやっぱりワークライフバランスとか色々言われるし、労働基準だって厳しくなるし、

 

でも1日8時間だってのは誰が決めたって、それは全体に適した最大公約数であって、それよりも働きたい人も働きたくない人も当然いて、僕は0でも3でもなんでもいいけど、

 

 

自分自身はもはや、はたらからみたら仕事のように見えても、そんな気はあんまりなくて、

 

 

寿司も最近は特に好きなようにやってるので、批判されてもふーんって流せるし、

 

 

それでも少なくても1日10時間とか働くわけですが、あんまり気にならなくなって来ました。

 

 

それ以外の時間も仕事してたりするので。

 

でも、それも楽しくてやっているし、何よりモチベーションはなんとかしてこの世の中の発展、進歩に一役買いたい。貢献したい、楽しいことを増やしたいってだけで、

 

 

権力争いや、自分がすごいんだ!と支配して、見せびらかしたり、ひけらかしたりそんなのには全く興味もなくて、

 

 

だから、好きなように流れるように自分のペースでいけたらなあと思います。

 

 

そのペースってのは、どうやら甘美な老化というのが自分には合ってるなあとか、しっくりきました。

 

 

なんていうかはちみつみたいなとろっとした感じというのか、その濃度の高さがかっこいいな、美しいなって思いました。

 

だから、だらだら薄く生きるぐらいなら、アカギのようにおれがおれであって死にたいみたいな話で、

 

この世のバトンタッチのほんの小さなパートをまかされただけで、どうせ、大したことなんて誰もできないんだから、自己満ぐらいしなきゃなって思うわけです。

 

 

今日も、今から別の仕事をしようと考えてます。

 

お店をしっかりした後で足と腰は疲れてますが、頭は動いてますので、

 

 

 

やります

 

 

それではーー