けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

焼肉たちばなさん!

こんばんは!

 

先週、同世代の人たちと焼肉に行ってまいりました!

 

f:id:kenchan1023:20181021082450j:image

 

色んなお祝いを焼肉屋で。

 

 

ちょっと浮いてたかもですが、、、

 

 

肉の写真全くないけれど、とても美味しかった!

 

焼肉の美味しさってどうやって定義するんだ?

 

高級焼肉屋がどんどん増える中、

 

こういった外観がボロボロで街にあるような焼肉屋さんって、

 

これは日本独自な感じで、海外で再現難しいかなあって思いました。

 

年月が醸し出す雰囲気って素敵。

 

座敷で、飾りっ気がなくて、お皿なんかも。

 

煙吸うものもなくて、しっかり煙まみれになって香ばしい香りをつけて帰宅しました。

 

最近は月日を重ねるからこそ出る味ってのに魅力を感じます。

 

これだけはいくらテクノロジーが発展しても補えない、

 

 

むしろ、言い方を変えれば、テクノロジーの発展に伴い失われるもの

 

 

月日を重ねないと生まれないものってのを、大切にするにはやっぱり今の時代にはなかなか合わない

 

だからこそたくさん埋もれたもの、そして、その原石に思われるようなものを大切にしたいなと思います。

 

 

その為には本質を見極める習慣を欠かさないようにしたいと思います。

 

 

美味しいお肉を食べながらなの回想。

 

 

それでは!

 

それでは!