けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

2年目!

こんばんは!

 

2年目!

 

この1年間でいろんな人に出会い、価値観に出会い、

 

酸いも甘いも経験し、嬉しいこと、感動すること、また、残念なこともたくさんあって、

 

 

なんていうか、この社会の不条理みたいなものにものすごく悲しくなったり、

 

 

そしたら、こんな光のような人がいるんだ!と感動したり、救われたり。

 

 

商売の中でも飲食業は目の前で食事を提供して、それに対してお金をいただいてっていう、一番シンプルなもので、

 

 

それが故にものすごく露骨に見えるものがたくさんある。

 

 

寿司屋なんで特にカウンターだからそんな面が強いかも。

 

 

最初は動物園の檻の中にいるんじゃないか?って思うぐらい、

 

 

見物しに来るような感覚の方がいて、これは心がもたないなって不安になって、怖くなって、

 

 

でも少しずつ常連さんになっていただく方が増えてきて、

 

 

そこから少しずつ余裕が出て来て、楽しくなってきてって、

 

 

あっという間に1年が経ちましたが、思っていた以上に濃密で人生という尺度で見てもものすごく勉強になる1年間でした。

 

 

 

2年目はどうするか、

 

 

寿司の技術を上げることはもちろん、

 

 

それ以外にも僕だからできる、そんなことを増やしていきたいと思います。

 

 

寿司屋として寿司を提供するだけでは、どうしても自分を出せない。

 

 

誰もやらないことをやる、だなんて言うと大袈裟ですが、

 

 

僕だからこそできるやり方でやるってイメージで。

 

 

 

その一つがnyotaimori tokyoとのイベントだし、他にも色んなことをやっていきたいです。

 

 

お店をアートギャラリーみたいにしたいなあとか、

 

 

クラブみたいにしても良いかも?とか、

 

 

異空間、非日常の空間を作っていきたいです。

 

 

f:id:kenchan1023:20180715181345j:image

 

 

平安時代の壺。

 

他にも、この無敵の書を購入した意味が後から付いてくるかも。

 

 

 

その空間にいる自分がイケてるな、なんて思っていただける空間作りをしていきたい!

 

 

いろんな側面から既存の飲食店の形を変える実験をしたいと思います!

 

 

 

それでは^_^