けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

0からあを創る!

f:id:kenchan1023:20180625194959j:image

 

この人天才だ!

 

 

この番組、面白い。

 

 

サイテー男と言って基本的にはチャラい男やホストが出てくるんだけど、そこに2人とんでもない天才で、

 

 

 

地球少年の篠原くんと、この京大生の小保内くん。

 

 

 

 

この2人にスポットライトをあてちゃうセンスにプロデューサーの力を感じる!

 

 

 

 

普通こういう人たち入れられないのだろうけど、、、

 

 

 

 

そして、先週は小保内くんのドキュメントで、その中でそんな話が。

 

 

 

 

ずっと自分が周りと違うことに寂しさとか息苦しさがあったみたいですが、

 

 

 

 

篠原くんとの出会いで、自分のままで良いんだって思えたとのこと。

 

 

 

 

この番組、表面しか見なければ、ただのチャラ番組なんだろうけど、この2人が入ってることで急に深くなる。

 

 

 

 

現に、MCのブラマヨと指原莉乃ももはや2人のような方が当たり前になっていて。

 

 

 

 

ありえないような、例えば雪とか杉とか、漢字に興奮を覚える話なんかも、普通にすんなり。

 

 

 

 

 

一般的に面白いチャラい人たちのカジュアルな話の中に意外に深いテーマである、多様性を認めることを盛り込むことで、

 

 

 

 

そういうことに興味がなかった人、本当に声を届けるべく人に声を届けている。

 

 

 

 

それが本当にすごい。

 

 

 

童貞いじりなんかも、まさに現代的にテーマになりやすい話題だけど、それって社会学とか勉強してる人は知ってるんだろうけど、一般の人へのアクセスって難しい。

 

 

 

 

でも、こういうカジュアルで普通に見ていて面白い番組に深いテーマを盛り込み、その存在を、知らせること。

 

 

 

気づけばみんなが、多様性を認めちゃってる社会になっちゃってるよね?ってのがうますぎる。

 

 

 

 

だからこの番組のプロデューサーってかなりいろんな思いがあってこの番組やってんだろうなあって思う。

 

 

 

 

 

だから、この番組こそが今までの0→1じゃなくて、0→あ、なんじゃない?って。

 

 

 

 

すごいなあ。僕もそういう仕掛け人になりたいな。

 

 

 

 

いやあ素晴らしい!!