けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

喜怒哀楽をもっともっと!

こんばんは!

 

 

 

昨晩のお客様の話ですが、

 

 

接待でで連れてきた人と2人で、

 

 

 

 

その連れてきた方が、ものすごく僕のこと褒めてくださって、、、

 

 

 

 

そしたら僕がありがとうと言うのと一緒に、その方もありがとうございますと。

 

 

 

 

店側のような形で、

 

 

 

 

そして、僕の方にもニコッと笑って良かったね!って

 

 

 

なんて優しい人なんだ、、、

 

 

 

 

お店でのお付き合いしかないけど、

 

 

 

大事なお客様は必ずここに連れてくるとのこと。

 

 

 

 

そして、店側のように、連れてきて良かった、褒めてくださってありがとうと

 

 

 

 

こんな親身になってくださるお客様を大切にしたい

 

 

 

一方ですごく横柄な態度を取る方もいる。

 

 

 

 

会員制のお店、紹介制のお店にする人がなぜするのか、

 

 

 

 

 

少し理解できる気がする。

 

 

 

 

大切なお客様との時間を確保するため

 

 

もちろんランダムネスは必要とは思うけれど、

 

 

 

常連さんあっての飲食店。

 

 

 

 

お互いのリスペクトがなければ、成り立たないと思います。

 

 

 

 

自分の気持ちの浮き沈みどうにかしたいところです。

 

 

 

小さなことを引きずったり、一方で些細なことで幸せな気持ちで包まれる。

 

 

それで良いのかもしれませんが、、、

 

 

 

安定でってもつまらないのかも。

 

 

 

喜ぶとき喜んで、悲しむ時は悲しんで、気持ちを爆発!させてる時が生きてる!って実感するのかもしれない

 

 

 

喜怒哀楽を爆発させてる人ってかっこいい

 

 

 

最近かっこいい人にたくさん会えるのも楽しい!

 

 

 

でもそれは自分らしくないのかも?とかも。

 

 

 

色々やってみます!

 

 

それでは!