けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

バッコンバッコン!

こんばんは!

 

 

二回転フル稼働!

 

 

 

 

一日10人はなかなかタフです!

 

 

 

 

 

全然違う方々。

 

 

 

 

前半戦はお酒大好き。酒蔵さんもいて。

 

 

 

 

 

料理にも興味津々。

 

 

 

 

 

美味しいと言っていただきました。

 

 

 

 

 

 

後半は?

 

 

 

 

 

 

話に夢中。

 

 

 

 

置いてから5分後に食べられる。

 

 

 

 

 

 

それで、あの店の料理は、、、なんて言われたらつまらない。

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

ものすごく貸切の空間楽しんでいただいた。

 

 

 

 

 

 

貸切は名古屋の文化だとか。

 

 

 

 

 

 

 

騒ぐのは楽しいです。

 

 

 

 

 

 

そのおもてなしも対応しなければと。

 

 

 

 

 

 

イライラしたりはしないです。

 

 

 

 

 

 

僕も楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

自分は何をしたいのか、

 

 

 

 

 

 

今一度考えなきゃなと。

 

 

 

 

 

 

結局落とし所は人。

 

 

 

 

 

出会い。

 

 

 

 

 

今日は次に繋がるようにとにかく黒子になってました。

 

 

 

 

 

 

盛り上がる妨げにならないように。

 

 

 

 

 

日本酒飲めないだ、氷が必要だで、

 

 

 

途中コンビニに走る始末。

 

 

 

 

 

 

でも、最後にありがとうと言われたのが嬉しくて続けられる。

 

 

 

 

 

惨めだなとか。

 

 

 

 

 

うちはそう言うお店じゃないとか、そんなことは言いたくない。

 

 

 

 

 

 

満足して支払っていただいてご帰宅、次のお店へ行ってただく。

 

 

 

 

 

 

それが飲食店。

 

 

 

 

 

今日は両極端。

 

 

 

 

 

学びの多い一日。

 

 

 

 

 

かえって、振り幅多くて新鮮で二回転が苦じゃなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

楽しむ方法、楽しみを見つけるポイントは絶対にある。

 

 

 

 

 

 

今日はなんだか、有意義。

 

 

 

 

 

自分を貫くのは大事。

 

 

 

 

 

料理?サービス?

 

 

 

 

 

僕はハイブリットで行きたいです。

 

 

 

 

 

 

オーダーメイドで。

 

 

 

 

 

 

だから料理に、日本酒に興味ないお客様にも全力でおもてなしします。

 

 

 

 

 

 

それは、黙ることなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

でも徹します。

 

 

 

 

 

飲食業ってのは日頃のストレスを忘れていただくってのが確実にある。

 

 

 

 

世のため人の為に働いた後の束の間の休息。

 

 

 

 

 

そこで、イラっとさせるなんてありえない。

 

 

 

 

 

 

緊張感与えてもダメ。

 

 

 

 

 

 

初心を思い出した一日。

 

 

 

 

 

 

シーソーの端と端をバッコンバッコン。

 

 

 

 

 

 

楽しみました!

 

 

 

 

 

明日も頑張る!

 

 

 

 

 

それでは^_^

 

 

 

f:id:kenchan1023:20180607004503j:image

 

 

 

昼は伏見の地下街のバーガー。

 

 

 

 

 

提供時間からして、一度焼いたものを加熱なのか?とか。

 

 

 

 

 

バンズとの食感の一体感もあって素直にうまかった!