けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

飲食店とは、生き様を表現する場。

こんばんは!

 

 

 

 

プロフェッショナルとは、

 

 

 

 

ケイスケホンダ

 

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

飲食店とは、

 

 

 

 

 

生き様を表現する場と答えたいです。

 

 

 

 

 

 

この前東京で。

 

 

 

 

 

オーナーシェフの色の濃さバンバンのお店。

 

 

 

 

 

当日まさかの不在。

 

 

 

 

 

代わりを補うキャラがまだ育っていない。

 

 

 

 

 

だから表現できなかった。

 

 

 

 

 

もう1つのお店。

 

 

 

 

 

オーナーはソムリエ。

 

 

 

 

 

シェフの意見が弱いのか、

 

 

 

 

 

でも当然、シェフが作り手。

 

 

 

 

 

その結果、

 

 

 

 

 

シェフの色が出ない、

 

 

 

 

 

もっと爆発!してほしい。

 

 

 

 

 

 

鹿児島のカイノヤ。

 

 

 

 

 

 

オーナーシェフ。

 

 

 

 

 

波乱万丈、一撃必殺

 

 

 

 

 

 

全てのお皿にストーリーとパンチ力。

 

 

 

 

 

 

体重の乗ったお皿が好き。

 

 

 

 

 

 

体重の乗ったお店が好き。

 

 

 

 

 

 

常識とかって本当に関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

特に個人店。

 

 

 

 

 

生き様を表現する場だからこそ、熱中してや、ないと響かない。

 

 

 

 

 

 

爆発しないと響かない。

 

 

 

 

 

 

最近の自分はどう?

 

 

 

 

 

 

ちょっとでもマンネリ化したら壊す。

 

 

 

 

 

 

ちょっとでもおかしくなったら破壊する。

 

 

 

 

 

安定を求めたり、定番で媚びるようなことをした途端、生き様を示す場ではなくなる。

 

 

 

 

 

 

シーソーがバッコンバッコン行ったり来たり。

 

 

 

 

そんな状態が自分の中でふつう。つまり安定状態になるぐらいじゃなきゃだめだ。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだすぎる。自分の店、個人として、しょぼすぎる。

 

 

 

 

 

 

30まで。まずは30歳までにやれることやる。

 

 

 

 

 

じゃなきゃだめだ。寿司だけでは生きていきたくない。

 

 

 

 

 

 

あくまでも表現の場として。

 

 

 

 

 

自ずと行動が決まるはずだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もがんばる!

 

 

 

f:id:kenchan1023:20180605213135j:image