けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

誰に喜んでもらいたいのか?

こんばんは!

 

 

 

飲食店って、料理人が見る見え方と、それ以外の方が見る見え方と全然、違って、

 

 

 

 

料理人の方が目の前で魚さばいてとか、目の前でやってる部分を喜ぶ方が多いのに対して、僕もその一員ですが、

 

 

 

 

 

一般の人って案外そういうこと気にしてなくて、美味しいものをテンポ良く食べられる方が良かったりとかもするそうです。

 

 

 

 

 

 

すごい!と思うポイントも違うし、

 

 

 

 

 

 

そんな時に、料理人にすごい!と思われることを本流と思いがちですが、

 

 

 

 

 

 

実際、料理人が食べることなんてそんなになくて、むしろ、変に気にしなくて良いところ自分が気にしてるのかなあ、なんて思ったりも。

 

 

 

 

 

 

よくわかってる人を相手にした方がやりがいを感じるなんていう言葉もよく聞きますが、それも?って感じで、

 

 

 

 

そんなこと言い出したら、本当に大事なものを見失って必要のない努力に自分が苦しむなんてこともありそうです。

 

 

 

 

 

 

だから、最近料理を1000円アップするなんていう飲食店がありましたが、

 

 

 

 

 

一般的には値段の方がお客さんからしたら敏感で、

 

 

 

 

 

じゃあ僕なら1000円ぐらいなら、原価で400円とか下げれば良いだけであって、

 

 

 

 

 

それって正直わかんないんじゃない?って思うわけです。

 

 

 

 

 

 

原価率高いからコスパが良いんですって話も全て料理人目線の話だからやめなきゃなと思います。

 

 

 

 

 

そうじゃなくて、自分のお店は8000円だから、それを払った時に、満足して払えるか?ただそれだけ。

 

 

 

 

 

 

5万円払って食事したこともありますが、その時に、ああ良かったって思えるのか、高いな?って思うのか、それだけってことです。

 

 

 

 

 

 

 

だから誰に喜ばれたいのかってこととか、お金のこととかもっともっと俯瞰して見て、こり固まらないようにしなきゃなって。

 

 

 

 

 

 

お金持ちの人ほど、お金にシビアなような気がします。

 

 

 

 

 

別にその額払えるけど、ちょっと高くない?とか。

 

 

 

 

 

 

これは安いわとか、

 

 

 

 

 

ちょうど良いよねとか。

 

 

 

 

 

 

だから8000円も9000円と変わらないとか言うのではなく、もう少しこの価格で満足度を見極めていきたいです。

 

 

 

 

 

この価格を高いと思うか、安いと思うかは本当にトータルでのことです。

 

 

 

 

決して食材にいくらかかるとかではない。

 

 

 

 

 

コスパの意味も見つめなおさなきゃ。

 

 

 

 

 

色んな立場の色んな方々のお話を聞くのが本当に楽しいです。

 

 

 

 

 

 

日々勉強。頑張ります!

 

 

 

 

 

それでは^_^