けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

before being too late

こんばんは!

 

 

 

 


今日から鹿児島。

 

 

 

 


飛行機の中でNetflixダウンロードして。

 

 

 

 

 

 

観ました。友達からの推薦。

 

 

 

 

 

 

チョコレートドーナツ。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20180530144200j:image

 

 

 


飛行機の中で、最後は涙が出ました。

 

 

 

 

 

 

いろんなしがらみやモヤモヤの中で人は生きていて、

 

 

 

 

 

 

 


それは法律をはじめとするルールだけじゃなくて、所謂"常識"とか、マジョリティ=正義みたいな暗黙の了解など、

 

 

 

 

 

 

そんなんで八方塞がりだなんて思うような辛いことも本当に多くて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、いつかそんな曇りが晴れ、重圧から解放されることを夢見て、世界を変えたいだなんて言ってみたりしながら、でも現実はうまくいかないし、無力だし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーエンドを望むけど、それすらもうまくいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして全てが終わってしまう時、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が残るかって、そんな"常識"とかルールに歯向かってでも、自分が生きた証を、自分の主張を、

 

 

 

 

 

 

 


きっと報われると信じて、最後まで諦めずに叫続けたということだけが支えで生きていけるし、それが手遅れになる前に、何をし続けたかっていうところだけが心を打つし、

 

 

 

 

 

 

 


きっとこれから生きて行く上でいろんな試練があるけれど決して諦めない!

 

 

 

 

 

 

 


自分に嘘をつかない。叫び続ける。

 

 

 

 

 

 

 


バカにされようと、潰されようと、嫌われようとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後から何か愚痴を言うことは簡単。でもそれじゃあ何も変わらない。

 

 

 

 


 

 

 

 

とても勇気をもらえた映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かに行き詰まったり、苦しい時こそ見たい映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが手遅れになる前に。ハッピーエンドを迎えるために。

 

 

 

 

 

 

でも結果より過程。

 

 

 

 

 

結果の良い悪いは結局自分が決めれば良い。

 

 

 

 

 

 

周りが見て成功でも思いが乗らなければダメ。

 

 

 

 

 

 

やる!

 

 

 

 

 

それでは!