けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

遠くに投げる光の玉を。

こんばんは!

 

 

 

いろんなことについて言えますが、目先の利益と、遠くの、長期的な。

 

 

 

 

最近会った方に、光の玉という表現を教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

僕たちは闇の中。

 

 

 

 

 

行く先がわからなくて、でも手元にはその人に合った光の玉が。

 

 

 

 

 

 

えいやで遠くに投げる。

 

 

 

 

 

 

ある人には見えない。希望を抱かない。

 

 

 

 

 

 

でも確かに僕には小さく見える。

 

 

 

だから追いかける。

 

 

 

 

 

見えない人にはわからない。

 

 

 

 

 

 

そして、僕の隣には、まだまだ僕には見えないところに光の玉を投げる人がいる。

 

 

 

 

 

その人の背中は確かに見える。

 

 

 

 

 

 

この人ならって思った人に着いていく。

 

 

 

 

 

 

理想ばっかりではダメかもしれない。

 

 

 

 

 

 

でも、追いかけたい。

 

 

 

 

 

これからどうなるかわからないけど、

 

 

 

 

 

 

 

目の前にポンと投げてそれを拾うような人生は嫌だ。

 

 

 

 

 

 

周りに光がたくさんあれば確かに明るいし、確かにそれを拾うことができる。

 

 

 

 

 

平均点より少し先に投げたら、それは心地よいだろう。

 

 

 

 

 

でも、僕は思いっきり投げたい。自分の限界の少し先に転がった、小さな点のような光を頼りに。

 

 

 

 

 

 

それとも、頼れる方々の背中、足跡を頼りに。

 

 

 

 

 

 

今日もいろんな人たち。

 

 

 

 

 

考えたら、もうすぐ一年。

 

 

 

 

 

延べ人数で言えば1500人とかに会ってきた。

 

 

 

 

 

2時間を共にして、

 

 

 

 

 

こんな濃い仕事ないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

今はあまりにも自分の引き出しが少ない。

 

 

 

 

 

 

がんばろう。

 

 

 

 

遠くへ!