けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

先人の教え

こんばんは!

 

 

 

この仕事していて、だいたいお客様は年上。

 

 

 

 

なので一つ一つの話がとても楽しい。

 

 

 

 

 

勉強になる。

 

 

 

 

 

20代はストレッチ。

 

 

 

 

 

 

準備にすぎない。

 

 

 

 

 

 

30代からキャッチボール。

 

 

 

 

 

 

そして、40代で試合だとおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

年齢での区切りはやっぱり気持ち的に節目となるようです。

 

 

 

 

 

 

あと2年半で30歳。

 

 

 

 

 

 

その時自分が何をしていて、どんなステージにいるか。

 

 

 

 

 

 

妄想力が試されるとのこと。

 

 

 

 

 

 

日々イメージしていることしか叶わない。

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで生きていたら、その末路はなんだかんだになってしまう。

 

 

 

 

 

岡本太郎曰く、

 

 

 

若い世代がパチンコや麻雀にうつつをぬかしたり、バカンスムードに流されたりしているのも、、中略、、抑えられて鬱屈したものの、虚無的な非生産的な発散なのです。

 

 

 

どうせ、何をやったって、たいしたことはない、世の中はなるようになるんだ。オレたちにはカンケイない、という気分です。

 

 

 

 

 

だそうです。。。

 

 

 

 

 

こうなってしまうのが怖い!

 

 

 

 

 

この本を読みながら、面白さと同時に恐怖心が押し寄せる。

 

 

 

 

 

 

このままで大丈夫か?自分は世の中にどうやって貢献していくんだ?

 

 

 

 

 

 

 そういうことを考えると、やっぱり、自分が一飲食店で終わりたくない!と強く思います。

 

 

 

 

 

 

 

Concept sushi bar なるものを、作りたい。

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20180507225117j:image

 

なんか!メモ発見!

 

 

 

 

よく覚えてないけど無心で本読みながら取ってたメモ。

 

 

 

 

これを自分のお店でどうやらやりたいらしい、、、、

 

 

 

 

 

 

そのためには?

 

 

 

 

 

 

 

やることを明確化していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

時代を創造するものは誰か

 

 

 

 

 

 

 

壮大なテーマの本。

 

 

 

 

 

自分がこの2018年を生きている理由を考えたい!

 

 

 

 

 

 

 

どうやって貢献していくか。

 

 

 

 

 

 

 

自分のことを知る20代にする。

 

 

 

 

 

 

だから模索する。

 

 

 

 

 

 

色々手を出してみたいし、そんな環境を作らなきゃ。

 

 

 

 

 

 

今のままでは、

 

 

 

 

 

 

やばい!