けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

沸騰した水。東京に2泊3日行って感じたこと。

こんばんは!

 

 

 

 

東京からの帰り道。

何を書こうかなって思いましたが、

 

 

 

 

 

 

なんか東京ってすごかった。

 

 

 

 

 

 

出会う方、場所、もの、全てがレベルが違った!

 

 

 

 

 

 

自分がここで店とかまだまだできないだろうなって。

 

 

 

 

ちょっと圧倒されながら。

 

 

 

 

 

 

最後に救いのような人たちと会えたのも楽しかった!

 

 

 

 

 

 

 

本当に色んな人がいる。色んな場所がある。

 

 

 

 

 

多様性があって楽しい都市だと思った!

 

 

 

 

それは料理を通じて自分のアンテナが集められる情報が増えたから感じてるのかもしれないです。

 

 

 

こんなに楽しい!と思った東京は初めてで、

 

 

 

 

 

 

 

Waterをhot waterとかboiledとかcoldとか、そうやって説明するんじゃなくて、

 

 

 

 

 

 

冷たい水素と酸素の透明の液状のアレを水。

 

 

 

 

 

熱いと湯。

 

 

 

 

 

 

 

全く新しい漢字と言うか記号と言うか、音というか。

 

 

 

 

 

それで表現しないとなんかしっくり来ないってぐらい、

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなものを作りたいっていう爆発しそうなフツフツが、

 

 

 

 

 

自分の中に湧き上がってくるような、

 

 

 

 

 

まさに沸騰してるような感覚になってます。

 

 

 

 

 

説明不要な僕の料理を出せたら良いなあって。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか新幹線に乗って座った時に「沸騰した水」という謎の言葉が頭の中にポンっと浮かんで、

 

 

 

 

 

 

それがこれからの目標を考えるのにキーワードなのかなあ?

 

 

 

 

 

と思って、無理やり文章を書いてましたが、

 

 

 

 

 

 

要は、多様性の中で埋もれてしまうのではなく、そこで抜きん出ることが自分はまだまだ全然できないし、

 

 

 

でもそんなものを目標にしたいなって、

 

 

 

カッコいい先人達と触れ合う中で感じてます。

 

 

 

 

 

 

また東京早く行きたい!

 

 

 

 

次は三月!