けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

考えさせられる会食

こんばんは!

 

今日は爆睡しました。

 

 

昼の1時まで寝ました。

 

 

 

体が楽になりました^_^

 

 

 

やっぱり睡眠大事です。

 

 

 

何もしない日も大事。

 

 

 

定休日を作れるようにまずはお客さんの数を読めるようにがんばらなきゃ。

 

 

 

 

でも定休日作るとそれそれで来れなくなるお客さまが、、、

 

 

だから、4日働いて1日休むとかそういうルーティーンが良いかもしれません。

 

 

 

 

さて今日は長野まで。

 

 

 

凄腕シェフの方々と会食。

 

 

 

いろんな話が聞けて色々試したいこともありました!

 

 

 

でも同時に考えさせられました。

 

 

 

とにかくレベルが高すぎてビックリします。

 

 

 

 

 

明日内容について書きますが、

 

 

 

 

料理ってマックスで3万円ぐらいだから誰でも食べられないこともないし、おごってもらうこともできる額だな、って話なんですが、

(僕ですら、そのぐらいをおごったこともありますし)

 

 

 

 

こういう方々の話聞くと本当に細かいところまで突き詰めてやっているし、

 

 

 

知識、経験、技術全てがものすごいです。

 

 

 

それをある意味、軽い気持ちで体験できちゃう金額です。

 

 

 

何が言いたいか例えるなら、フェラーリやランボルギーニをしかるべき人しか乗れないように、

 

 

 

食事もそういうレベルの方々の作るものってのはそれなりに経験値がないと上手くインプットもできないように思いました。

 

 

 

 

今日食べながら、ほとんど調理法まで分かってしまう方々を見てそう思いました。

 

 

 

僕は単純に美味しいなあとかぐらいで、、

 

 

 

 

インプットの情報量が器の大きさによって違う。

 

 

 

だからまずは自分が器を大きくしないと。

 

 

 

 

本当に見ているものが違うし感じてるものが違う。

 

 

 

 

だから今日も2万円弱払いましたが、どこまで自分が活かせるか?を考えると、

 

 

 

 

やっぱりかなり難しい。

 

 

 

 

 

美味しい!を味わいたいならもっと安くても良いわけで、

 

 

 

 

だからやっぱり自分が勘違い起こしてるな〜〜って。

 

 

 

 

僕自身もミシュラン三つ星なんかも何軒か行きましたが、

 

 

 

ハッキリ言って、自分が料理人としてはもちろん、人間的な経験値とかもそんなレベルじゃないわけなので、

 

 

 

なんかある意味で無駄遣いとも言えるような額を使ってたなあとか。

 

 

 

 

考えさせられる時間でもありました。

 

 

 

それぞれの分野で、やっぱりステータスってのはあって、自分の少し上にいる方のものを体験するのが1番費用対効果があるかもしれません。

 

 

 

 

手の届くか届かないかぐらいのものを掴もうとする時、モチベーションが最大限になるように、

 

 

逆にあまりにも遠すぎるものを体感するのは愕然とする部分もあるかもです。

 

 

 

それを自分に見合った、なんて言うのかもしれませんが、

 

 

 

これから飲食だけじゃなくて、様々なこともそうですが、その見極め。今必要なものは何か?を考えて行動しなきゃなあとか思いました。

 

 

 

 

ご飯を食べる過程でいろんなことを考えさせられるなあ。

 

 

 

 

これも一つの飲食の醍醐味かもしれません。

 

 

 

そう思うと、面白いですね^_^

 

 

 

もう少し気楽にやらなきゃですね。

 

 

 

ちょっとネガティヴ面で考えさせられたことを書いてしまいました!

 

楽しい時間でしたよ!

 

 

それでは^_^

 

 

f:id:kenchan1023:20171114013037j:image