けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

美味しいお店35 GAA バンコク

こんばんは!

 

 

昨晩のGAA。

 

かの有名なNOMAやGagganで修行しGAGGAN の目の前でシェフに。

 

 

本当に目の前にお店があります。

 

 

 

 

GAAは特に看板もないので分かりにくいですが、場所はgagganの目の前と覚えておけば簡単です。

 

 

f:id:kenchan1023:20171103032441j:image

 いきなり冷静スープにやられました!かぼちゃ、マンゴー、パッションフルーツ、ピクルス。

 

 

色が同じものは相性もよかったりするのかもとか。

 

 

 

柿とサーモンとかも。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20171103032613j:image

 

 

Gagganスタイルで、どんどん出てきます。

 

 

 

このお店の特徴に発酵というものがあります。

 

 

ソースやカクテルにかなりの発酵食品が。

 

 

 

自分たちで米麹も作るそうです。

 

 

 

バンコクの気温と湿度が抜群に良く、ほっといたらできると言っていました。

 

 

f:id:kenchan1023:20171103032719j:image

 

 

カリフラワー、蟹。そして、ホエーと豆腐と少しのチリ。うまっ。

 

 

f:id:kenchan1023:20171103032751j:image

 

 

エビは入れが絶妙!

 

 

 

柔らかくて。

 

 

 

本当に、食感が面白くて、サクッとクリスピーと柔らかいものを合わせたり。

 

 

 

温度で遊んだり。

 

 

 

なんかそういう寿司も作ってみたいなあとか。

 

 

 

そして、食後、シェフが発酵の部屋に特別に連れてってくれました。

 

 

f:id:kenchan1023:20171103032858j:image

 

 本当にかなりの種類の。

 

 

 

ウマミという言葉を説明にふんだんに使っていました。

 

 

 

 

昆布のエキスや米麹やいろいろ。

 

 

 

 

カセサート大学にサンプルを送ってチェックしながら。

 

 

 

 

 

僕も名古屋大と共同でなんかやりたいな。

 

 

 

そのためにまずは発酵の勉強しなきゃ。

 

 

 

 

とりあえず発酵食品と発酵の酒は相性抜群ですし^_^

 

 

 

 

なんか裏の部屋まで見せてくれる寛容なところが本当に日本とは違うなあと思いました。

 

 

 

 

オープンでこそオリジナルの方が上がるものだと思いますので。

 

 

 

真似されて超えられるならそれまでだし、社会的に見れば、より良いものができるってのは喜ばしいことで、自分がやったんだ!っていうエゴのために守るのは自己満でしかありません。

 

 

 

 

レシピを公開してなんでも教えて、それでもトップを走るような。

 

 

 

 

理想な形を見ました。

 

 

f:id:kenchan1023:20171103033221j:image

 

シェフと今日一緒に食事をした方とパシャリ!

 

 

 

今後一緒に何かビジネスをするかもしれません。

 

 

 

お互い助け合いながらやろうと話しました。

 

 

 

 

楽しみです^_^

 

 

 

どんどん輪が広がると良いなと思いますね。

 

 

 

タイにかなりintoしてきて、2年で8回ぐらい行って、やっとこうして広がりが出てきました。

 

 

 

 

なんでも突っ込んでやると人が増えていきますね。

 

 

 

タイにとにかく何か拠点を持ちたいなあ。

 

 

 

なんでこんなに居心地が良いんだろうか。癒やされます。

 

 

 

微笑みの国。アメージングタイランド。

 

 

最高です。