けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

価格を上げられるのってセンスですね。

こんばんは!

 

 

 

今日、お客様からいただきました。九平次の最高級、彼の岸。

 

 

720mlで1万円ぐらいします。

 

 

たしか。

 

 

 

そして、こちらが写真。

 

 

f:id:kenchan1023:20171031012213j:image

 

 

 

720mlで1万円は確かに高いです。

 

 

 

精米歩合30%の山田錦。

 

 

最高スペックです。

 

 

 

 

つまり、原価がかなりかかっています。

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

みんながみんな原価をあげればこういうものを作って良いのか?

 

 

 

 

 

そんなことを思います。

 

 

 

 

 

 

そして、言いたいのは、

 

 

 

 

 

 

それだけよサービスをしっかりしてるか。

 

 

 

 

 

 

 

原価のことなんて消費者からしたら分かりません。

 

 

 

 

 

1万円は1万円。

 

 

 

 

1500円の酒なら1500円。

 

 

 

 

 

それに対してどれだけ満足できるか?です。

 

 

 

 

 

 

だから、1万円を払うに値するのかということ。

 

 

 

 

味だけで唸らせることはできません。

 

 

 

 

 

 

でも、九平次。

 

 

 

 

二重でボックスが入っていてラベルもものすごくかっこいい。

 

 

 

 

 

1万円の器があるってことです。

 

 

 

 

 

 

支えきるだけのサービスがあるわけです。

 

 

 

 

 

 

じゃあぼくのお店は?

 

 

 

 

 

 

場所の雰囲気。

 

 

 

 

使ってる食器。

 

 

 

 

僕の人間としての部分。

 

 

 

 

 

1万円に価格を上げたら、満足していただけるのか?

 

 

 

 

将来1.2万円にして良いのか?

 

 

 

 

 

1.5

 

 

 

 

2

 

 

そういう数字をただ単に食材費を上げるだけではできないということです。

 

 

 

 

 

それをものすごく感じた。

 

 

 

 

 

他の蔵が九平次のようにできるとはなかなか思いません。

 

 

 

 

 

 

やっぱりセンスが違います。

 

 

 

 

 

僕はそのトータルの部分を見るべきかなと思います。

 

 

 

 

 

こういうお酒。

 

 

 

 

高いと批判する人、多いです。

 

 

 

 

 

でも僕は飲む前から、この箱とデザインにやられました。

 

 

 

 

価値があるな、と。

 

 

 

 

 

それが他の蔵の人はできるのか?と思います。

 

 

 

 

値段を上げることはとても勇気のいることだそうです。

 

 

 

 

僕もいつかそんな局面が来るでしょう。

 

 

 

 

その時に考えたいのは、自分の器。

 

 

 

 

 

支えきれるようになりたいです。

 

 

 

 

 

そのために、一流のサービスをあらゆるジャンルで体感しようと思います。

 

 

 

 

器を大きくするも小さくするも自分次第。

 

 

 

 

 

意識して選択をしていこうと思います。

 

 

 

 

それでは^_^