けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

一筆書きで記事を書いたら意見がまとまった^_^

こんばんは!

 

 

 

基礎が足りないってこと、よく言われますし、痛感しているんですが、

 

 

 

 

これってどういう対応をするかって、

 

 

 

 

じゃあ修行に行けってのは違うと思いますし、

 

 

 

もっと言うなれば、

 

 

 

サッカーを思い出すと、東海一部リーグという、大学生リーグに参加していたときは、相手に元プロとかもたくさんいるわけですが、

 

 

 

 

そんな人たち含め、皆んな基礎練習します。

 

 

 

 

基礎練習ってのは本当に地道なことの反復でしか得られず、いきなりどうこうできるものではない。だからこそ長くやる必要がありそうです。

 

 

 

 

ただ、一方で。

 

 

 

 

中田英寿さんだったかと思いますが、

 

 

 

 

基礎技術について。つまりボールを蹴る、止めるなど。

 

 

 

 

 

こんなものは小さい差であり、何よりもまず気持ち。つまり対等になる気持ちがあるかどうかだ、そんなことを言っていたように思います。

 

 

 

 

気持ちと気持ちがぶつかり合うレベルで、微々たる差ってのが基礎の差で出てくるんだと思います。

 

 

だからまずはそこに行くこと。

 

 

 

 

 

昨日なんかだと完全になめられてるとも言える。今日も一部では、そうだったのかもしれません。

 

 

 

まずはそこなのかもしれません。

 

 

 

 

 

堂々とやりたいと思います。

 

 

 

そのためには、授業がないってことを言い訳がましく言わないことなのかもしれません。

 

 

 

 

もちろんそこを面白がってお客さんも来てくれているという事実は、ありますが、それを言い訳にはしないことかなと思います。

 

 

 

堂々と、自信を持って、逃げ道をなくして、

 

 

 

 

ちょっと考えてみると、ここに問題があったように思います。

 

 

 

 いつまでも基礎は大事だし、

 

 

 

いつまでも独学でってのはついて回るかも知れないですが、

 

 

 

鮨人さんにしても、寿し芳さんにしてもそうですが、

 

 

 

 

もはやあんまり関係なくなってます。

 

 

 

 

 

だから僕もそうならないとなって思います。

 

 

 

 

いつまでもそんなこと言ってられないです。

 

 

 

 

 

早いうちからしっかり癖をつけなきゃ。

 

 

 

 

日々考え方を変えていかなきゃです!

 

 

 

 

一筆書きで書いたら思わぬ結論になりました!

 

 

 

それでは!