けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

言い続けること!

おはようございます!

 

 

今日は朝の更新です!

 

 

 

お店を始めてから、最近特にですが本当に色んなご縁が止まりません。

 

 

 

正直、お店の方がうまくいってるのかどうかはよく分からないですが、

 

 

人との出会いが増えてる以上、良いということかと思います。

 

 

 

 

僕自身、色んな人と出会うことがしたくて、飲食店、しかも大衆店ではなく、高級業態で、ゆっくり時間を取れる、そしてカウンター商売というように寿司を選んだこともあるので、

 

 

 

 

それらがワークし始めてる気がして嬉しいです。

 

 

 

 

人が人を呼ぶという流れが途絶えた時は、僕の魅力がなくなった何よりの証拠であり、それは努力が見えなくなるだとか、態度が悪くなってるだとか、モチベーションが下がってるだとか、

 

 

様々な理由が考えられますが、とにかくやめる時が来たと考えるべきなのかもしれません。

 

 

 

なので、近ければ今日にでもやめる覚悟で、、、

 

 

 

 

とかの話に関しても常々言ってますが、

 

 

 

 

あとは、別の話で、

 

 

 

 

タイが好き!とか、最近は常滑に行きたい!とかとか

 

 

 

 

色々話してます。

 

 

 

 

そうするとそういうキャラで定着するのか、

 

 

 

 

 

タイに旅行するから色々教えて!みたいな問い合わせを結構いただいたりします。

 

 

 

 

それも教えたりもするんですが、

 

 

 

 

そんな話が周り周って、

 

 

 

 

タイのレストランガイドの本を出さないかという誘いをいただいてしまいました。

 

 

 

 

共著という形みたいですが、自分の名前が載った本が世に出るとしたら、なかなか嬉しいことです。

 

 

 

 

また、書くという仕事もしてみたい気持ちがあるので、それも一回やってみることができそうで、そんな話が出たことがもうすでに嬉しいです。

 

 

 

 

でも、実現したら本当に笑えます。

 

 

 

 

何でもかんでも動いたもの勝ちだなあ、とか言い続けることが周りにキャラとして定着させ、

 

 

 

 

ふとしたタイミングで、そういえばあいつがいたなあ、、、となるわけです。

 

 

 

 

つまり、種まきをしまくること、

 

 

 

 

言い続けることは、一回の出会いに対しては一回言ってるだけですが、その母数が上がれば当然確率は上がります。

 

 

 

また、自分がいないところでも話題になるかもしれません。

 

 

 

これはお店をする際にもそうですが、

 

 

 

 

口コミで、人が人に伝えたくなるような商品やお店やサービスをすることが大事なわけです。

 

 

 

 

 

こんな視点をもってビジネスをすると、営業なんかもうまくいくのかもしれません。

 

 

 

僕は個人だし、ビジネスと呼ぶには程遠い小さな商売ですが、

 

 

 

 

これからも続けていきたい習慣です。

 

 

 

 

 

言い続けること、それは同時に好きなことをし続けらことでもあると思うので、どんどんのめりこめるものを見つけて、同時進行で続けていきたいです!

 

 

 

それでは^_^

 

 

f:id:kenchan1023:20171019093213j:image

 

 

昨晩の、、、うますぎ。