けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

自分の為だけにお金を使うのをやめはじめた!

こんばんは!

 

ブログを読んでる人は変な受け取り方をしないと信じて書きますが、

 

 

とりあえずお店を始めてから3ヶ月ぐらいで

、タイに行ったりもしながら、

 

 

 

銀行見たら100万円ぐらいお金が貯まってました。

 

 

 

正直びっくりしましたし、今まで3桁のお金を持ったことなかったので、お金持ちになった気分を一瞬味わいましたが、

 

 

 

 

なんか、自分の為にお金をいくらか使ってみて虚しさというか、

 

 

 

せっかくいただいたお金なのに自分の無駄な消費に使うのがつまらない!

 

 

 

と思ったので、色んな人の為に使うようにしよって思うようになりました。

 

 

 

だから、とりあえず、ご飯を一人で食べに行くのは極力減らして、誰かと食事に行って払ったり、

 

 

 

あとは、自分で飲むお酒なんてのも買わずに、面白そうなものはできる限り買ってから店でシェアしたり、サービスで出してみたり、

 

 

それから目標を持ってがんばっている友達にいくらか渡してみたり、

 

 

あと、クラファンもいくつか支援してみたり、

 

 

 

今日はケニアの牛乳屋さんに10万円支援してみました。

 

f:id:kenchan1023:20171017122801p:image

 

なんかそんなことしてたら瞬く間に残高が減ったりして、

 

 

 

 

やばいと思うかと思いきや、なんにも思わず、

 

 

 

 

あ、元々持ってないんだから、これからもたくさん人の為に使って、友達を増やして楽しい時間をたくさん増やして、そうして幸せになっていけたらな、なんて思いました。

 

 

 

 

旅行も一人旅でどこか行くってのにも魅力がなくなったのもこんなことなのかもしれませんし、

 

 

 

食べに行くのも最近一人で行くのが嫌になってきたのもそのためかなって。

 

 

 

 

もし一人で行くなら、気心知れた大将に会いに行くパターンぐらいかなって思います。

 

 

 

旅行も誰かに会いに行くパターン。

 

 

 

 

結局、人なんだなと思いました。

 

 

 

 

だから、熱い思いを持って取り組んでいる人に、僕ができる支援は何でもしたいし、自分が足りないものは補ってもらえたらなって思います。

 

 

お金がたくさんある人とそうでない人に優劣なんてないと思っているし、

 

 

 

それよりも、やっぱりprice tagの付いてないものが大事でそれは人と人との関係で、

 

 

 

 

その信頼関係をしっかり作ることが大事だなと思います。

 

 

 

 

お金の切れ目が縁の切れ目なんて言いますが、それは元々の信頼関係がないからということであり、

 

 

 

 

信頼関係を築いてからなら、お金だって、服だって、部屋だって、食べ物だって、

 

 

 

ある者からない者へ移って行くのが自然なのかなあと思います。

 

 

 

 

昔、グレートジャーニーをした、関野さんの講演を聞いたことがあるんですが、

 

 

 

そこで、ある南米の村の話をされていて、

 

 

 

そこでは、色々おもてなしを受けて、医者である関野さんがお礼に色んな人の体を診ていたそうなんですが、

 

 

 

診察後にありがとうという言葉は言わないとのこと。

 

 

 

 

この人たちに感謝という概念がないのか?

 

 

 

そんなことを思ったのですが、村を出るとき、その村の貴重な壺をいただいたそうです。

 

 

 

それに対して感謝を伝えると、それは感謝をすることではないと。

 

 

 

 

ものにしても、能力にしても、何でもそうなんですが、持つ者から持たぬ者へ流れる。

 

 

 

 

それを当たり前にしているから、そこに特にありがとうはないとのこと。

 

 

 

ある意味ですごいカルチャーショックを受けると同時に、その村は、村が共同体となり回っている。

 

 

 

そんな経験をされてそうです。

 

 

 

 

この話はとても印象深くて、感謝の心を持ってという言葉を日本ではよく聞きますし、

 

 

 

もちろん感謝の心はあると思うんですが、

 

 

 

当たり前のレベルが違うんだなと。

 

 

 

 

大変興味深く聞きました。

 

 

 

 

なんか今になってそんな話がまた蘇ってきました。

 

 

 

 

 

僕は将来、お金持ちになりたいだなんてことはあんまり思わないんですが、

 

 

 

 

 

お金持ちになりたい理由があるとすれば、お金なんて大事じゃないと説得力を持って言えるということと、誰かのために使えることぐらいかなと思います。

 

 

 

もう1つ思い出した話が、 秋元康さんってその年の貯金を年末に全て使うそうです。ギャンブルとかもして、そしてゼロにしてからスタート!それがハングリー精神にも繋がるそうなので、

 

 

 

 

お金との付き合い方ってまた考えたいなって思っております〜

 

 

とりあえず次は気づいたら4桁になった、みたいなタイミングで書けたらなとか思いますが、

 

 

 

 

そんな時が来るのは遥か先でしょうね。。

 

 

 

 

ダラダラ書きましたが、それぐらいに曖昧でまだ理解してないものということですね。

 

 

 

 

お化けが怖いのはその正体が分からないから。

 

お金も不安を抱かせるのはその正体を知らないからかもしれないです。

 

 

 

そんなお金の勉強もいろんなことしながら経験と知識とつけていきたいですね!

 

 

 

それでは^_^