けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

10000円のライン

こんにちは!

 

 

昨日なんですがお店の方と話をしていて、

 

 

この1万円のラインって話を聞きました。

 

 

 

 

お手頃価格とか安いよねってのがお店に来る理由になってる場合ってよくあります。

 

 

 

 

僕の寿司も8000円でそれなりの量が出るので、寿司自体からは利益もあまり出ないぐらいなので、

 

 

 

安いよね?って結構言われます。

 

 

 

 

 

昨晩のお肉屋さんもそうですし、

 

 

 

 

行く理由のナンバーワンではないけれど、理由の1つになってる状態だと、

 

 

 

 

とりあえず予約入れとこか

 

 

 

みたいな思考が働きやすく、キャンセルが続出するとのこと。

 

 

 

 

 

逆に、

 

 

 

1万円を超えて来ると、

 

 

 

 

それなりの準備をして、行きたくて行きたくてという感じとなり、

 

 

 

 

 

大袈裟に言えばその日を待ちわびて行くわけですので、予定の最優先となり、よほどのことではキャンセルが起きにくくなるそうです。

 

 

 

 

 

また客層についてもだいぶ絞られます。

 

 

 

 

 

その為、属性的には食べることに出し惜しみをしないということで、

 

 

 

 

食べることが好きという属性に寄って行きます。

 

 

 

 

なので結果的にキャンセルが減り経営もしやすくなるとのことです。

 

 

 

 

この属性を値段によってという部分もですが、

 

 

 

 

予約方法とか営業スタイルとか、寿司屋で言えばおまかせかアラカルトかとか

 

 

 

 

色々属性を決めることってできるかなって思います。

 

 

 

 

 

ワインを置くかどうかとか

 

 

 

 

それで好みも

 

 

 

 

  広くやるか狭くやるかも

 

 

 

 

 

 

そういうコントロールをしなければならないし、万人ウケを狙うのであれば小さいお店では難しいかなとも思います。

 

 

 

 

今はこの値段でやってますが、もう少し上げられるように日々努力です。

 

 

 

 

 

原価をあげればその値段にして良いということは絶対になくて、それに見合う、つまり対価なので、雰囲気、知識、技術、そしてそれらは経験が大事ということなので、

 

 

 

 

そこまでしっかりやらなければなあと思う次第です。

 

 

 

 

 

今日の営業で明日はお休み。

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

f:id:kenchan1023:20171015130445j:image

 

箸休めのキュウリが大胆!でか!