けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

作家さん大集合!

こんばんは!

 

 

今日は、とても楽しみにしていた日で、

 

 

お店のほとんどの陶器を作っていただいた方にお越しいただきました。

 

 

 

 

本当に素晴らしい作品ばかりで、僕なんかが使って良いのかな?っていうレベルなんですが、、、

 

 

 

 

とにかく素晴らしくて、

 

 

 

少し感謝というか、

 

 

 

こんな風に使ってますってのを見せることができました。

 

 

 

食べてもらって、おいしい!と言ってもらえて

 

 

 

 

とても嬉しかったです。

 

 

 

 

今日もおっしゃってましてが、

 

 

 

 

作ってるところでもう幸せなんだと。

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれだと思います。

 

 

 

やっぱり役割分担なのかなと。

 

 

 

 

 

今日はギャラリーの方もいて、

 

 

 

 

その方々はいわゆるキュレーター。

 

 

 

作家さんの作品にアンテナを伸ばしそれを売っていく発信力のある人。

 

 

 

そして、もちろん作家さん。

 

 

 

作る人、売る人の関係です。

 

 

 

 

 

雇う人、雇われる人もそうですし、

 

 

 

 

 

 

人それぞれが関わりながら役割分担があります。

 

 

 

 

僕はどうでしょう?

 

 

 

 

職人さんではないように思います。

 

 

 

 

人を喜ばせることが楽しい!

 

 

 

 

そんなサービスの人なのかもしれません。

 

 

 

 

なので、やるべきことも見えてくるはず。

 

 

 

 

 

今日は穴子を直前に煮て、煮立てを見せてそのままに握りました。

 

 

 

 

ものすごく反応が良かったです。

 

 

 

 

パフォーマンス要素ってのは絶対に大事だと思います。

 

 

 

 

見せ方とか。

 

 

 

 

魅せ方。

 

 

 

 

 

 

そこで楽しませてから召し上がってもらう、

 

 

 

 

 

 

こうすることによって何倍にも美味しくなるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

小さい店だからできること。

 

 

 

 

お皿も1つ1つ形がちがう。

 

 

 

 

レストランならめんどくさくて使わないと思います。

 

 

 

 

でも僕のような小さいお店なら。。

 

 

 

 

 

そこでのおもてなしの方法をまた突き詰めようと思います。

 

 

 

 

 

 

所作もそうです。

 

 

 

 

 

 

もう少しそこにもフォーカスしていこうと思ってます!

 

 

 

 

 

作家さんたちを見ながら、遠い人々だなと思いながら、

 

 

 

でも自分のやることをやっていこう!

 

 

 

そんな1日でした^_^

 

 

 

それでは!