けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

中学の同級生が来てくれました^_^

こんばんは!

 

今日は中学の時の同級生が来てくれて、いったい何年ブリ??!

 

 

となるぐらいの再会に。

 

 

 

それぞれ今まで何をして来たのかほとんどわからなくて、ものすごく不思議な気持ちになりました。

 

 

 

 

それでもこの10年とかは確実に月日が流れていて、それぞれがそれぞれの道を進んでいて、

 

 

 

 

なんか本当に何で自分が今こんなことしてるんだろう?みたいな面白い気持ちにもなりました。

 

 

でもこんなことでもしてなかったら会うこともなかったのかなとか思うと、この再会を大切にしないとなって思いました。

 

 

 

なんか、この先今まで出会った人やこれから出会う人がいて、その間ずっと時間は左から右へ進んでいるのなら、それが交わる人もいればもうずっと交わらない人もいるわけで、

 

 

 

 

それはそれで、儚さというか、いとをかしなのかもですが、

 

 

 

 

やっぱり寂しいなって思っちゃいます。

 

 

 

 

 

せっかく一度交わったのだから、また何処かのタイミングで再会したりって素敵だなって思います。

 

 

 

 

今お店始めたことで、初めて交わった人がたくさんいます。

 

 

 

 

2ヶ月でのべ250人ぐらいの人と会ったわけですし、

 

 

 

 これはお店やらなかったらまず、このタイミングでは交わることがなくて、そんな人たちと一度きりってのも寂しいなって。

 

 

 

なので、頑張ろうと思ってますし、アンテナ張って色んな集まりにも参加したいし、

 

 

 

 

 

 

人間1人で生きていけるわけがないので、

 

 

 

 

 

やっぱり大切にしないといけないなと思いました。

 

 

 

そして、再会した時に、恥ずかしくないように。

 

 

 

 

今日は自信を持って再会できたと思います。

 

 

 

 

 

また次出会う時に、

 

 

 

しっかり誇りを持って会えるように、

 

 

 

 

目の前のことをきちっとやることしかできないのかなと思います。

 

 

 

 

あまりにも多くの偶然が重なって人と人が出会うわけですので、

 

 

 

 

そして、その可能性ってのは周りを見れば無限に広がってるわけですので。

 

 

 

 

人を大切に、なんて言ったり、

 

 

 

 

大将の人柄がってのが結構評価項目に入ったりしてたりするんですが、こういうことなのかな?って思いました。

 

 

 

 

通ってもらえるお店を目指していく上で考えることがまたたくさんですね。

 

 

 

 

 

それでは^_^

 

 

 

Ultra Japan VVIPのフードメニューがすごいことに!

 

f:id:kenchan1023:20170917005702p:imagef:id:kenchan1023:20170917005719p:image

 

81、鮨尚充、よろにく!

憧れルゥ〜〜