けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記(28歳になりました!)

GAGGAN4回目の訪問。やっぱり最高です。

こんばんは!

 

 

昨晩はGAGGANさん!

 

やっぱり最高すぎました。

 

4回目の訪問で、1回目のサプライズを超えるぐらい、満喫しました。

 

 

 

まだまだ4回ですが、唯一通っていると言える、高級店なように思います。

 

 

 

通うことにより、変化が見えたり、それでも一貫してコンセプトや姿勢を貫いているところを垣間見ることができて、それも楽しかったりしました。

 

 

また、トップのシェフGAGGANさんが不在にもかかわらず、完璧なサービスや、ニューメニュー2日目というのに全く違和感のない提供スピードに、完全なチームとしてのレベルの高さにただただ驚きを隠しきれませんでした。

 

 

f:id:kenchan1023:20170906134957j:image

 

甘エビの頭を上げて、クリーム状にしたスープを一口でいただくトムヤムクン。

 

ものすごくうまかったです。

 

 

f:id:kenchan1023:20170906135118j:image

 

グリーンカレーは揚げたチキンの皮で包んでいただきます。

 

 

f:id:kenchan1023:20170906135146j:image

 

 

ロブスターのタコスは破壊力抜群。

 

f:id:kenchan1023:20170906135305j:image

 

ミニオンのアイスはワサビとゆず!

 

 

 

振り返ると、どれも素晴らしく、感動の連続でした。最後の一口を終えたあとは、寂しくなるほど。

 

 

また、いつもどってこれるかな?

 

 

そんなことを考えていました。

 

 

 

もともとあるものを違う材料で作るものや、再構築系、伝統料理や郷土料理に影響を受けて新しく生み出すものや、音楽、映画などからそれをうまく使ったエンターテイメント系まで。

 

 

 

本当にバラエティに富むコースは、全部で25種類。

 

 

全てがそれぞれは個性的で、かと言って、バラバラではなくて。

 

 

チームとしてワークしているこのお店をまさに表しているような、それぞれの個性がうまく調和しているコースで。

 

 

 

本当に美味しかったです。

 

 

ガガンさんのよく言う5つのS。

 

Spicy Salty Sour Sweet

 

そして、Suprise

 

 

 

どの料理にもそれぞれその味が隠されていたように思います。

 

 

 

日本の食材もふんだんに使われていました。それも嬉しかった!

 

 

甘エビ、ホタテ、中トロ、わさび、ゆず、桃、日本酒は出羽桜の雄町。かなり何にでもあいました。

 

f:id:kenchan1023:20170906140128j:image

 

 

いろんな要素が全てハイクオリティ。

 

とにかくとにかく感動の連続でした。

 

 

 

そして、一緒に行ってくれたタイ人の留学時代の友達とは2年ぶり?の再会でした。

 

 

 

話にも花が咲き、やっぱり料理はつくづくお話をしながら、幸せな気持ちを共有しながら食べるからこそ美味しいという気持ちが倍増するんだなと思いました。

 

 

 f:id:kenchan1023:20170906140514j:image

 

モチベーションがものすごく上がるひと時でした^_^

 

 

 

それでは!