けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

カツオの藁焼きに魅せられました!sushi Niwa x sushi yoshi!

こんばんは!

 

 

昨晩のイベント。

 

 

感無量です!

 

 

 

凄すぎました。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170905183051j:image

 

真っ白の大理石のカウンターに。

 

映像でおもてなし。

 

 

 

サービスも素晴らしく幸せな気持ちになりました。

 

 

 

 

一貫一貫魂を込めて握っていると話してくれました。

 

 

f:id:kenchan1023:20170905183226j:image

 

シェフは本当にお客さんのことを思いながらというのが伝わってきました。

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170905183438j:image

 

 

定番のカツオの藁焼き。みんなで囲んで、マシュマロ持って、写真撮りながら。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170905183747j:image

 

 

1人で来てるお客さんも取り込んで、決して放っておかないおもてなし。

 

 流石だな!と思わざるを得ないものばかりでした。

 

 

 

お店閉めた後、横のバーに1時間ほどご一緒していただきました。

 

色んなお話を聞きました。

寿司の技術のことから、色んなイベントについてや、これからのことまで。それからオーガナイザー、スタッフも合流して、、、見ているととても仲良くしているのが伝わって来ました。

 

 

 

とにかく優しさが伝わります。

 

 

もちろん、厳しさもあるのですが、それらも優しさが奥にあります。

 

 

そして、色々話をして、わざわざ行きたくなるお店ってこういうところかなって思いました。

 

 

◯とにかく人柄を含めた幸せな空間

 

◯唯一無二の定番!と呼ばれるもの。

 

この二つが人を呼ぶのだなと。

 

 

そして、それは、カツオの藁焼きが象徴しているのだなと。

 

 

カツオと言えば、南太平洋の方から上って日本海側を回遊して下って行きます。

 

 

 

日本と海外を行き来するような、お店をまさに象徴しているのかもしれません。

 

 

本当に感無量!のバンコクのハイライトが初日から。

 

 

最高です!

 

 

年末ごろにまた大阪いけたらなと思っております。

f:id:kenchan1023:20170905190716j:image