けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

利益主義について考えさせられる映画

こんばんは!

 

f:id:kenchan1023:20170826015517j:image

 

 

この映画

 

THE founder 

 

先日お休みの日に、見てきました^ ^

 

 

 

 

これめっちゃ面白かった。

 

 

 

 

マクドナルドってシカゴからだと思ってたんですが、、

 

 

 

原型となる店がカリフォルニアの方にあったようで、この主人公は結果的に乗っ取った人な訳です。

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

1番印象的だったシーンが、

 

 

 

 

 

ミルクシェイクが、光熱費を食い過ぎるという話で、

 

 

 

 

 

主人公は、パウダーの製品を使え!という立場で、そうすると冷蔵庫もいらないし、味も申し分ないと。

 

 

 

しかし、原型を作った人は、そういう利益主義は求めていないため、しっかりミルクを使ってやらないと嘘をつくことになると。

 

 

 

 

 

でも、味は同じ。

 

 

 

 

こういう時って、消費者からしたらどっちでも良いのが事実なわけで、本当に味が同じだったらですが。

 

 

 

 

じゃあどっちが良いんだろうってなりますね。

 

 

 

 

もちろん、ミルクを実際に使ってるということを押し出せば、そこに価値が生まれたりもすると思いますし、

 

 

 

 

かといって綺麗事ばかり言ってられません。

 

 

 

 

 

僕としては、

 

 

 

 

 

本当に味が同じだったらという前提で、ですが、かなり迷いますが、、

 

 

 

 

結局ミルクシェイクなんだからミルク使わなきゃってなると思います。

 

 

 

 

それは小規模店をやるから言えることかもしれませんが。

 

 

 

 

 

もし、大規模になってきたら

    

 

 

 

 

そうは言わないかもしれません。

 

 

 

 

 

その辺りの塩梅は難しいですし、考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、

本当に味が同じだったら、、、

 

 

 

 

 

規模によっては使うかなと思いました。

 

 

 

 

でも、1つ言えるのは、

 

 

 

 

粉を作った人がどんなモチベーションで作ったのかとか、

 

 

 

 

そういう人は見ると思いますし、

 

 

 

一概には言えませんねえ。

 

 

 

 

 

目の前のお客様にとにかく、あ?と思わせないように。

 

 

 

しっかり満足してもらうのが目標ですから。

 

 

 

すごーく、考えさせられる映画でした。

 

 

 

 

もう1つ印象的だった奥様とのことはまた書きますね!

 

 

 それでは^ ^