けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

土曜から始まります。クラファンはあと24時間切ってます。

こんばんは!

 

更新遅くなりました。

 

恐らくほとんどの人が寝ているでしょう。3時を過ぎました。

 

 

夏休みの宿題も最後まで貯めて、テストは一夜漬け。そんなタイプだったのがここでもまた。

 

 

 

直前で焦ってます。バタバタしてます。

 

 

 

1ヶ月でしっかり掴めればと思います。

 

 

そこで完成するとも到底思わないですが。

 

 

でも、本オープンから小さなこと、変なことは気にせずに飛ばしていけるように。 

 

 

それにしても、振り返るとよくここまで来たなあと思います。

 

 

 

1年前の今はちょうど日本一周寿司旅を決行しようとしていた時。

 

 

 

その頃から段違いに、日本中のお店のことなどを知って来たように思います。魚の知識なんかも増えて来ました。

 

 

 

 

料理人の方々の凄さも思い知らされ、いかに自分がやっていることがまだまだなことを思い知らされることが多々ありました。

 

 

 

 

また、その過程で悔しい思いもたくさんしました。

 

 

 

否定も受けるし、批判も。

 

 

 

もちろん、これをきっかけに素晴らしい出会いもありましたし、絶対大丈夫と言ってくれる人さえいました。

 

 

 

良い評価をしてくれる人がいるのと、批判を受けるのは表裏一体で、何事も違う動きをするものは両方の意見を受けるように思います。

 

 

だから、大丈夫なのかもしれません。

 

 

 

 

でも。僕は本当に大丈夫だと思っていて。

 

 

 

 

それは、このチャレンジをし、一年と決めそれを達成できたこと。またその過程で様々な人と仲良くなれたこと。

 

 

 

普通では出会えない人々との出会い。

 

 

 

この過程がもはや、楽しかったしやって良かったなと、始まる前から思い切り感じています。

 

 

 

だから、大丈夫なんです。

 

 

 

経済的に苦しくなるかもしれないし、店をたたむという可能性も今後でてくるかもしれません。

 

 

 

 

例えそうなったとしても、僕は満足するでしょう。

 

 

 

クラウドファンディングを通じて本当に暖かい気持ちにもなりました。

 

こんな経験はなかなかできないように思います。

 

いつか自分にも余裕が出て来たら、どんどん支援をして行きたいとも思っています。

 

 

https://camp-fire.jp/projects/view/32756

 

 

とにかく、僕はここまでの過程が楽しかったし、これからがもっと楽しくなることを期待しています。

 

 

そのためには努力。ひたすらに。

 

 

 

ということは思い切り、思うがままにやること。突き詰めること。ハマること。

 

 

 

これをもう一度意識したいと思います。

 

 

 

 

まだまだ時間はあります。クラファン。こちらもどうか宜しくお願い致します!

 

 

それでは^ ^