けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

手に汗握る、寿司握る。

こんばんは!

 

 

昨日はものすごく緊張。

 

オーナーシェフ7人に寿司会。

 

f:id:kenchan1023:20170712014949j:image

 

 

ものすごいプレッシャーでした。

押し潰されそうになって、準備が店の準備と被ってバッチリできなかったのもあって、かなりテンパって。

 

 

そして、手際の悪さはかなり指摘されました。

 

 

そこは準備不足もあるかなあとは思いますが、、

 

 

 

 

とにかく反省。

 

 

 

一番の感想は悔しい!

 

 

そして、申し訳ない!

 

 

 

 

こんな気持ちになったら絶対に次はないはず。

 

 

 

でも、みなさん優しく声をかけてくれたり、良い悪いじゃなくて、良くするにはどうするかっていう具体的な話に。

 

 

 

 

ものすごくやりがいを感じる時間でした。

 

 

 ここで出た話が部分最適全体最適かって話で。

 

 

やりたいことができなくなるのが実際だよ〜〜

 

 

そんなことも言われていたんですが、確かに部分最適を優先するあまり全体の価値が下がるってことがよくあると思います。

 

 

 

例えば、それは変なこだわりになってしまって、他のクオリティが落ちる。

 

 

そうなると、全体として、ダメだったとなってしまう。

 

 

 

逆にある意味であきらめが必要で、ここは諦めるけど、そのぶん全体の効率や提供スピードを、あげるように持っていく。

 

 

 

そうすると、満足度は高くなる。

 

 

 

1人で店をやっていくってことはそういうことだよってのを知りました。

 

 

 

なるほどなるほど、と頷くばかり。

 

 

やっぱり実際にやられている方々なのでものすごく勉強になります。

 

 

 

この、部分最適全体最適かって何でも応用が効きます。

 

 

 

例えば毎日お店を開けることで、パフォーマンスが落ちてってのは、確かにお客さんにとって、いつでも行けるってのは良いことなんですが、それで疲れてしまいクオリティ落ちるってことがあってはなりません。

 

 

 

その辺りのコンディション調整に関しても、この考え方でいけます。

 

 

 

これから1人でやって、アシスタントをつけるかつけないかも考えなきゃなんですが、そういったあたりもこの指標をしっかり頭に入れてやって行きたいなと思います。

 

ものすごいプレッシャーかかかることで、ものすごい学びがあるように思います。

 

たまにはこういう経験も必要です。

 

これから、プレッシャーがかかる日が増える気がしますが、うまく乗り越えて行きたいです!

 

 

それでは!