けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

美味しいお店30 オーベルジュドリル 名古屋

こんばんは!

 

大阪のあるお寿司屋さんが、名古屋に来るのはこのためだという程洗練された、楽しい料理を出してくれるのが、ミッドランドスクエアの42階にあるこのお店とのこと。

 

 

 

 

ものすごいロケーション。

 

 

 

家賃は一体、、、

 

 

 

 

そんなこと思いながら行ってまいりました。

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170701103736j:image

 

 

入って驚きは景色ではなく、この木造のシャンデリア。

 

 

ものすごい存在感がありながら、なぜか落ち着く。そんな印象を受けました。

 

 

 

 

料理は1番少ないコースでしたが、予想以上に、少なかった!

 

 

 

でも、満足のコースとなりました。

 

 

 

振り返り。。。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170701103847j:image

 

アミューズはフィンガーフード。

 

手で食べるってのは結構スタンダードになりつつあるのかなあとも。

 

 

塩のフィナンシェとベーコンと玉ねぎのパイ。

 

 

前菜はこちら。グラスに出てきたチーズを使った冷静スープ。

 

f:id:kenchan1023:20170701103938j:image

 ヤングコーンと、真蛸が爽やかでとても良いスタート。

 

そして、また美しい料理はスモークサーモンとタルタル。それからイタリアの伝統料理。

豚肉の各部位を混ぜて四角く成形し揚げたもの。

 

 

f:id:kenchan1023:20170701104025j:image

 

このスモークサーモンを、叩いたものが、グレープフルーツの果実のような綺麗な色。ほのかに香るスモークが絶妙でした。

 

玉ねぎ、パセリと一緒に。

 

洋風なめろうとも言えるかもしれません。 

 タルタルソースも泡になっていて、ふわっと。エスプーマでしょうか。

 

 

メインはパイ包み焼き。

f:id:kenchan1023:20170701104454j:image

 

スズキの上には海老のペーストを蒸したものが乗っていて、チーズを使ったソースとともに。

 

付け合わせのピクルスも存在感があって美味しかったです。食感はわりとしっかり残っていて、提供前に計算して短い時間つけられていたのかもしれません。

 

お口直しにヨーグルトクリームとキウイのシャーベット。さっぱり!

 

f:id:kenchan1023:20170701104634j:image

 

デザートも美味。面白い組み合わせ。

f:id:kenchan1023:20170701104705j:image

 

 まず、ブリオッシュのサバラン。

こんな食べ方初めてです。

 

そして、下には旬のびわのゼリーにパプリカのソースを合わせて。パプリカのポテンシャルの高さを感じました。甘さと程よいうっすらとした苦味。これが、琵琶の甘さを引き立ててくれます。

 

パプリカは面白い食材だ!そんなことを思いました。見た目も美しいです。

 

 

最後にお茶菓子とハーブティーでフィニッシュ。

 

 

お腹は七分目ぐらいでしょうか。でも、気持ち的には大満足。

 

 

夜のフルコースが気になります。。

 

 

どんな感じなんだろうか、、、

 

 

いつか行きたいです。

 

 

 

そして、何より感じたのは、サービスの凄さ。目に見えない部分ですが、心遣いの部分。

 

 

 

特別な空間に来たんだなと感じさせてもらえるあらゆる仕掛け。

 

 

 

 

洗練されたサービスや空間作りに感動を覚えました。

 

 

それから、楽しませようとする気持ちも。

 

 

 

料理人の方の顔は見えませんが。

 

 

 

でも、思いが伝わるような。大事なものを届けてもらえるような場所でした。

 

 

 

気持ちの良い時間でした!

 

 

いつか、こんな空間を作りたいなあ。

 

また、モチベーションになりました!

 

 

それでは^ ^