けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

ノリよく!小利口になったらチャンスを逃す!

こんばんは!

 

 

ちょっと俯瞰した感じというか、もしかしたらネガティヴな内容になってしまうかもしれませんが、僕の高校や大学。

 

 

 

自分で言うのもあれですが、なかなかのトップ校だと思います。

 

 

 

 

高校は県内有数の進学校。大学は旧帝大で、東海地区では1番です。

 

 

 

 

じゃあ、クラウドファンディングを開始して、今まですごく応援してるよ!って言ってた人たちに、お願いしてみると。

 

 

 

 

 

回答が、

調整します!とか。

 

 

頑張って!応援してるよ!!

日程はまた連絡します!

 

 

 

 

とか。

 

 

スタンプだけ、GOODみたいなのとか。

 

 

 

 

 

 

言ってることと行動が伴っていない。。。

 

 

 

 

 

応援してるよ!と言う前に支援してくれたり、お金が絡んでくるので難しいですが、例えばfacebook上でシェアしてくれたり。

 

 

 

 

 

 

そう言う動きをしてくれる人って比較的少ないです。もちろん、そうでない人もたくさんいますし、パッとノリよくしてくれた人にはただただ感謝です!

 

 

 

 

 

 

ただ、統計上、これが現実なんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

ノリっていうのはものすごく大事だと思っていて、こんなこと言えませんが、ここだけに書くなら、もし自分が今後、経済的な余裕が出て来て、何かを支援しようと思った時、やっぱり、今回自分を応援してくれた人にまず手を差し伸べたい。

 

 

 

どうしてもそれはそうなります。

 

 

 

 

もちろん高校や大学にも少数ですがいましたし、意外にもそんなに関わってなかった小さい頃の友達は何人も話を聞きつけてノリよくやってくれました。

 

 

 

ここまで露骨に偏りがあるので笑えてきていて、その一歩を踏み出す勇気ってのが、あらゆる小さいことに対しても無いのか?周りを伺わないとできないのか?

 

 

 

 

そんな気持ちになりました。

 

 

 

 

それに対しては、自分の熱量が足りなかったってのは事実だとは思いますが、それにしても、ものすごく顕著。

 

 

 

 

こんなにも、と驚きました。

 

 

 

 

 

期限は?とか

 

 

 

何人まで?とか。

 

 

 

 

 

細かいことは後で良くて、とりあえずそこでノリよく絡むこと。

 

 

 

 

 

 

そんなのが大事だと思います。

 

 

 

 

 

考えるんじゃなくて、行動をすること。まず動く。まず話しかける。

 

 

 

 

遠慮とかしてる暇ないです。

 

 

 

 

小利口になるな!なんて言いますが、僕はバカになってやってる時の方が良い結果が出るので、そんな感じで。

 

 

 

 

はい!って返事して、それでやるって決めて、実現する為にどうするか?みたいなことを考える。

 

 

 

 

こんな順番で行かなきゃなあと思います。

 

 

 

そうすると、本当に手を差し伸べてくれる方々がたくさん現れて。

 

 

 

 

失敗したとしても何か残るはず。

 

 

 

 

 

ファーストペンギンはズタボロになるなんて言われますし、寿司にいきなりなんの後ろ盾もなく飛び込むなんて結構無謀な感じもしますが、、、

 

 

 

 

やってみます!

 

 

 

 

 

きっと。うまく行くと。

 

 

 

ちょこっとですが、ちゃっかりテレビに出てたようです。

f:id:kenchan1023:20170628104402j:image