けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

売上とシステムを構築できるように!

こんばんは!

昨日の夜に、前の職場のお客さんと飲みに行きました。

こんなことがあるんだなあと不思議な気持ちです。

 

客と店員という関係から普通に外で会いました。


こんなことが今後もあれば良いなあと思います。

 

寿司屋を開業したら、きっとそういう風になっていくのかもしれません。

 

というか、その場所で色々飲みながら話ができるかもしれません。

 

そう思うと夜一回転の勝負にするべきか?

 

そんなことも思います。

 


そして、それでも回るように単価を設定しなければなりません。

 

売上がまずは大事。

 

それが、自分の技術やツールへの投資に繋がるからです。

 

自分がどのようにお店をしながら、発展させていき、どんなことをしたいのか。

 

それを考えなければなりません。

 

調理器具も、安くはありません。

 

それをどんな形であれ、買うとなれば、それなりの投資です。

 

そして、投資は売上がなければできません。

 

お客さんと飲みながらそんなことまで思いました。

 


最近は四六時中寿司のことばかりを考えていて、良い状態かなあと思います。

 


その中でも、なぜか予定がパンパンに詰まっていて、少ない時間で集中して、1つ1つをこなして行っています。

 

 

なんとかうまくいけば良いけれども、、、

 

もう期間も限られてるので、その中で。

 

 

やることは順番に1つずつ。

 

 

こんなことしてて大丈夫か?と思いますが、今日は韓国に一瞬だけ来てます。

 

20時間ぐらいの滞在です。

 


会いたい人がいて。

 

フットワークの軽さは寿司屋を開業してからも持ち続けたいです。

 


いろんなところに移動することが、何かを得る為には本当に必要で、アイディアは移動の距離と比例するなんて、本当にそう思います。

そして、大事なのは、やはり、それを実現する方法を探ること。

 


これぐらいのことなんて、どうにでもなるはずです。

 

しっかりシステムを構築して、こうすればお店を開けたままでも良いという状態を作らなければなりません。

 


魚の管理なんかがネックになりそうです。

 


でも方法はあるはず。

 

 

真空パックとか使ってみたいなあとか。

 

 

とにかく考えてやってみます!

 

それでは^ ^

 f:id:kenchan1023:20170614115415j:image

 

昨日の記念写真。

弥助さん。名前は森田一夫さんでした。笑