けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

寿司屋訪問記20 鮨一幸 札幌

こんばんは!

 

 

札幌の雄。一幸さん。

 

 

 

行って参りました!

 

 

 

 

今月の勉強会。

 

 

 

 

もう、あと行く寿司屋は数件になってしまいました。

 

 

 

 

オープンしてからも月に一度は出られるように頑張らなきゃなあ。

 

 

 

話戻して、 場所はビルの二階。

 

普通に生活してたら目につかない場所。

 

モダンな建物の中には凛としてたたずむ寿司屋。

 

 

若き大将は36歳。芸者さんのような顔つきで、全ての所作が美しかったです。

 

 

握りも無駄がなく、全ての同じ動きで握られます。

f:id:kenchan1023:20170523200857j:image

 

 

アテから、アマテガレイのハラ、背、縁側、肝を巻いたもの。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523202310j:image

 

そして後ろからツボのような器。

 

 

中からどデカイアワビ!

 

f:id:kenchan1023:20170523202344j:image

 

f:id:kenchan1023:20170523202357j:image

 

薄切りで。

小さい方は肝と一緒に。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523202425j:image

 

1つ目のハイライトは脂がたっぷりのったカツオ。

 

 

熟成系のねっとりとした食感。鉄っぽさもなく、皮目が炙って香ばしく。

 

 

 

合わせるのはなんとのりじょうゆ。

 

 

 

佃煮と醤油で。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170523202517j:image

 あん肝はふわっふわ。

 

 

出来立てをいただく感じです。

 

こんな食感なかなかないなあと。

 

 

 

塩をしておいて、直前に時間を見計らって蒸しあげて行くのでしょう。

 

噴火湾のあん肝は、水に落とすと浮かぶぐらい脂がのっているそうです。

 

f:id:kenchan1023:20170523202620j:image

 

そして、別のアワビを水貝で。

 

合わせるのはもずく、バフン雲丹、じゅんさい。そして、アワビのスープにすだちを絞って。

 

 

 

うまいです!

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170523202831j:image

 

 握りはカスゴダイから。身が厚くて旨味がありました。ちょっと大きめのものです。

 

 

シャリはほんのり甘さを感じました。

 

 

 

温度は人肌。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523202946j:image

 

 

次はシマアジ

 

熟成系で、シマアジの特有の食感とは全然違い、ねっとり柔らかく、美味しいです。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523203039j:image

 

 

金目鯛もグッド!

 

食感がどれも柔らかく、旨味が強いです。

 

 f:id:kenchan1023:20170523203122j:image

f:id:kenchan1023:20170523203138j:image

 

マグロは中トロ、大トロ。 

美味しいマグロって本当にうまい。

 

 

鉄っぽさがなくて、濃厚な味がします。

 

 

 

脂もちょうどよく上品です。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170523203248j:image

 

軍艦のウニは溶けました。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523203313j:image

 

のどぐろはかなり立派なサイズ。

 

キロアップかもしれません。

 

 

f:id:kenchan1023:20170523203339j:image

 

 

アジは瞬間だけ酢にくぐらせる感じ。爽やかでした。

 

f:id:kenchan1023:20170523203418j:image

 

こちらも印象深いシャコ。

 

 

半熟状だいで、内子を。卵のようなクリーミーさとシャコの旨味がばっちしでした。

 

f:id:kenchan1023:20170523203457j:image

 

 

穴子はふわっと。

ちょっとシャリが硬かったかなあ、、

 

f:id:kenchan1023:20170523203619j:image

 

 

玉子とほおづき。

 

 

 

卵は出来立てのようなクリーミーさ。ふわっとスフレのようでした。

 

 

 

 

美味かったです。

 

 

 

 

美しかったです?

 

 

 

 

仕事が本当に綺麗!

 

 

 

そして、お酒も何種類か飲みましたが、澤屋まつもとの守破離サイド1290の今年のものを。

 

 

 

綺麗で爽やかなタイプでした。

 

 

 

華やかさというよりもすぅーっと伸びる感じ。

 

 

これはやっぱり美味しいです。

 

 

 

 

他にも、独楽蔵、白隠政宗なんかをいただきました。

 

 

 

 

本当に所作とか、素敵、見とれてました。

 

 

 

 

 

そんなお店。

 

 

 

 

本当に来てよかったなあ。

 

 

 

 

 

誰かを連れて行きたくなるお店でした!

 

 

 

そんなお店を作りたいなあ。

 

 

 

器なんかもこだわりながらやっているように思いました。

 

 

 

 

これからまた楽しみが増えました^ ^

 

 

 

 

 

それでは!