けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

伝統?革新?

こんばんは!

 

 

今日は厨房やら施工業者さんに会ったらやら。

 

 

忙しかったですが、とにかく暑かった(T ^ T)

 

 

こたえますねえ。

 

 

そして、昨日はEat meとのコラボの話を聞いてタイシックにかかってました。

 

 

 

早くまたタイへ行きたい。。。

 

 

 

あそこに行くだけで本当にゾクゾクします。

 

 

ワクワクを超えてます。

 

 

 

ちょっとタイの寿司のことなんて調べてたら、以前から気になってはいたin the mood for love

 

 

こんな寿司屋があって良いのか!

 

 

 

そんなこと思わされますが、、、

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170519183204p:image

 

 

 

ものすごい雰囲気です。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170519183216p:image

 

 

 

出してるものは直球勝負!

 

 

f:id:kenchan1023:20170519183237p:image

 

 

高級寿司屋です。

 

 

学びに行きたい。

 

 

 

そんなことを強く思います。

 

 

 

 

そして、よくよく考えると、寿司屋ってのは、いろんな形があっても良いのに、かなり決まった型があるように思います。

 

 

 

イタリアンだってフレンチだって、オープンキッチンがあったり、茶室をイメージしたというものがあったり、古民家を使ったりいろんな形があるのに、寿司屋は少ないです。

 

 

 

 

それだけ伝統を踏襲すべき、崇高な文化の1つなのかもしれませんが、、、

 

 

 

 

違う形があっても良いんじゃないか?

 

 

 

 

そんなことをふと思いました。

 

 

 

 

 

もちろん、僕もバーを使って居抜きでやるので、全く違った雰囲気になってます。

 

 

 

それをやっぱり批判も受けるだろうし、寿司屋じゃないってなるかもしれません。

 

 

 

 

でも、そんなことはやる人が決めることで、それが寿司屋なら寿司屋だろうし、逆にジャッジする人はそれで良いのかなあとも思います。

 

 

 

 

 

でも、やっぱりタイ人の柔軟性というかノリの良さを感じずに入られません。

 

 

 

 

そんなお店です。

 

 

 

 

寿司をこうやって、レストランスタイルで食べるのも有りでしょう。

 

 

 

 

バースタイルで食べる寿司とは当然違うものになるでしょうが、レストランスタイルで出しても劣化しないようにするということです。

 

 

 

視点を変えて、うまくやっていけばなんとでもなるのかなあと思います。

 

 

 

もちろん、雰囲気というのも飲食の要素の1つですから、それにこだわるってのは大事だと思います。

 

 

 

それが、伝統を踏襲してやるのか、新たなものを生み出すか、それは分かれると思いますし、だったら自分はどちらをやるべきなのか、自ずと答えは出てくるように思います。

 

 

 

 

社会における個人の役割について書かれた本が家にありましたが、よく分からなくて眠ってまして、、、

 

 

 

今こそ読むべきなのかなあと思います!

 

 

f:id:kenchan1023:20170519184900j:image

 

また感想を書きたいなあ。

 

 

それでは!