けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

中華屋さんにて!

こんばんは!

 

 

今日は色々回ってました。

 

厨房機器も見たり、でもリサイクルショップの中には閉店したところも。

 

 

 

難しいんでしょうねえ。

 

 

 

 

それから、ホームセンターで色々使えるものはないかなあとか。

 

f:id:kenchan1023:20170517211305j:image

 

ブロックやレンガ、そこそこ安く買えそうです^ ^

 

 

 

 

 

細かいところ詰めていかなければ。

 

 

何センチぐらいあげる必要があるか、などなど。

 

 

 

 

 

それから、カフェで日本酒の勉強してました。

 

 

 

 

日本酒は本当に難しい。

 

 

 

 

複雑な行程です。

 

 

 

 

実際に1シーズンぐらい蔵に入って勉強をしてみたいものです。

 

 

 

 

実際にやってみればわかることって多いんだと思うんですが、なかなかイメージだけでは難しいです。

 

 

 

 

参考書読んだり、漫画読んだり、少しずつイメージはありますが、なかなか。

 

 

 

 

日本酒についてはどんどん勉強をしていきたいです。

 

 

 

 

今日は世界ワインコンクールの日本酒部門の発表があったようで、お世話になっている関谷醸造さんと小町酒造さん入ってました。

 

 

 

誇らしかったりしますねえ。

 

 

 

そして、驚きは出羽桜さん。

 

 

 

ほとんど全部もんでゴールド受賞。

 

 

 

 

そりゃあ、ガガンさんもつかうなあと。

 

 

 

 

とにかく美味しいお酒です。

 

 

 

出羽燦々を使って醸したお酒を飲んだことがありましたが、本当にうまかったあ。

 

 

 

 

また買いたいなあ。

 

 

 

夜は地元の北京という中華屋。

 

 

 

本当に職人気質。

 

 

無言で黙々と作ります。

 

 

 

ここの餃子を超える餃子は未だ見つけたことがありません。

 

 

 

本当にうまい。

 

 

 

何10年も変わらない味。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170517212249j:image

 

 

 

ものすごく特徴的な食感、中はフワフワ。

 

 

 

これと米だけで満足です。

本当にうまいです。

 

 

 

 

これからも通うと思いますが、そういえば、あの店ってなくなったよね。

 

 

 

そんな会話をしました。

 

 

 

家族と食べながら。

 

 

 

通ってたお店はほとんど今はなくなってます。

 

 

 

 

それは年齢や病気、それから経営不振、 など様々な理由ですが、とにかく長く続けるってのは本当に難しいんだなあと思います。

 

 

 

 

その中でも残ってるお店がどんなお店なのか。

 

 

 

 

そんなことを考えてみようと思います。必ず惹きつける何かがあります。

 

 

 

それは空間も、人柄も全て入ると思います。

 

 

 

 

どうしたらリピートしたくなるか。

 

 

 

 

それを意識しながら考えて行こうと思います!

 

 

 

それでは^ ^