けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

磁器を見に行きました。今日も素敵なご縁^ ^

こんばんは!

 

 

今日は午前中に厨房機器を見てから、午後は磁器を見てました。

 

 

 

知人の紹介で、ある作家さんの元へ。

 

 

 

とにかく素敵でした。

 

 

f:id:kenchan1023:20170517000306j:imagef:id:kenchan1023:20170517000243j:image

 

f:id:kenchan1023:20170517000254j:image

 

スプーンに、お皿に、酒器に。

 

 

全て使いたい。。。

 

 

 

 

 

おそらくそうなりそうです。

 

 

 

値段との兼ね合いも見ながらですが、本当に素敵です。

 

 

 

曲線美。

 

 

 

デザインの美しさってのが、どうやって法則としてあるのかは分かりませんが、直感的にとても美しく感じます。

 

 

 

 

作家さんの人柄もとてもゆるくて、でもかなりの知識、経験。

 

 

 

話をして、いろんな質問になんでも答えていただきました。

 

 

 

とても素敵な作家さんです。

 

 

 

 

レクサスのショールームなんかでも湯のみが使われているそうです。

 

 

実力も折り紙つき。

 

 

 

文字を入れたものなどもあって、とてもやりたいことが増えて来ました。

 

 

 

フィンガーボールを文字入りでお願いしたいなあとか。

 

 

それにしても、寿司を通じて本当に新たな世界を知ることになりました。

 

 

 

「遊びを本気で。」

 

 

そんな言葉がよくありますが、意味がわかって来たように思います。

 

 

 

本気でやっていると、必ず付随していろんなことを知る必要もあるし、関わっていく必要が出て来ます。

 

 

 

また、それに加えて、本気で打ち込んでいる方々との繋がりを持つことができるように思います。

 

 

 

 

僕も寿司という、大きく言えばものづくりをする中で、やっぱり、分かってもらえる人にはどんどん出して行きたいという気持ちになります。

 

 

 

 

それは誰しもが同じで、共鳴しあえる人ほどお互いが出すものも増えるんだと思います。

 

 

 

 

なので、そういう意味でもあることに突っ込んでやっていくことの重要性を感じます。

 

 

 

ほどほどにやるのも良いですが、僕はそんなに器用ではないので、1つ1つをしっかり突っ込んでいきたいです。

 

 

 

 

遊びを本気で。

 

 

 

 

寿司にもっともっと貪欲になっていこうと思います。

 

 

 

 

 

今日の出会いも本当に素敵でした。

 

 

 

 

 

その後は少し、業務用の食器も見て来ました。

 

 

 

 

とても安くて、良いものがたくさんありました。アウトレット品なんかも上手く組み合わせたり、お皿以外の物をお皿として使ったりと色々とアイディアを出していこうと思います。

 

 

 

そして、こういったものを買うときにイメージがすごく大事です。

 

 

 

一度そこも考えていこうと思います。

 

 

 

 

とにかく1つずつ!

 

 

 

がんばります!