読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

集客はどうする??

こんばんは!

 

 

寿司会で場所を提供していただいているお店の大将といろんな話をしました。

 

 

 

なんか、テクノロジーのことも全然知らないし、お金の計算も苦手のようで、更に広告も打たずにここまで16年やってきたとのことです。

 

 

 

 

場所も辺鄙なところにあり、車がないといけない感じ。

 

 

 

最寄りの駅から大体、歩くと25分ぐらいの距離でしょうか。

 

 

 

集客どうしたんですか?

 

 

そんな疑問が。

 

 

 

今の時代はネット上の情報があふれていて、信用しない人も増えて来ています。

 

 

そんな時に効果があるのは口コミで、それも誰の口コミなのか。

 

 

 

この部分が結構大事だったりします。

 

 

 

 

インフルエンサーとかキュレーターとか色々あると思いますが、要は誰がオススメしてるかを見る人が増えて来ているように思います。

 

 

 

 

かく言う僕もその1人で、だいたいお店を決めるときはfacebookのフォローしている美食家の方の発言などを参考にしています。

 

 

 

 

なので、そういう影響力のある人にどのようにリーチしていくかってことを戦略的に考える必要がありそうです。

 

 

 

 

 

自然発生的にするのでも良いかもしれませんが、それはあまりにも他力本願すぎるので、、、

 

 

 

 

何かしら自分で行動を起こしていけたらなあ、なんて思います。

 

 

 

 

 

やっぱりお客様あっての商売なので、そのあたりの戦略も必要なように思います。

 

 

 

 

その大将は、、、、

 

 

 

 

同窓会名簿で片っ端から手紙を送ったりと。

 

 

 

 

いろんな手を打ったそうです。

 

 

 

 

 

そこから、今でも使ってくれてる人がいるにはいるみたいですが、、、

 

 

 

 

やはり色んなところに声をかける方が広がりはあるのかなあと。

 

 

 

 

持っている人脈の業種、年齢、性別が離れていれば離れているほど色んなことができる、なんて聞いたことがあります。

 

 

 

 

なので、そういう意味でも、色んな幅を持ってお客さんが来ていただけるように仕掛けていけると良いなと思っています。

 

 

 

その方法は色々あるし、それは営業マンをしていた時に少しですが勉強したことに通じるような気がします。

 

 

 

 

 

どんな経験も無駄にならないとはうまく言ったもので、これから今まで遠回りのようにしてきた経験が生きていくと良いなあと思います。

 

 

 

 

 

 

また、1つ考えることが増えましたが、やっていこうと思います!

 

 

それでは^ ^

 

 

明日はお皿見てこよう。

 

 

f:id:kenchan1023:20170511224539j:image