けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

良いお店3 meetdish 大阪

こんばんは!

 

 

書いてた記事。誤って消してしまいまして。。。

 

 

トホホホホ(T ^ T)

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170427021506j:image

 

とても素敵な作家さんのコップ。

 

 

f:id:kenchan1023:20170427021527j:image

 

 

寿司ケダに使えそうな。

 

 

 

 

素晴らしいものがたくさんありました。

 

 

 

 

何でもそうですが、分業体制って大切で、自分がどこまで作るかってことを意識しなければなりません。

 

 

 

料理人は魚を取る人がいなければ何もできないし、包丁を作る人がいなければ捌けません。

 

 

 

当然、今流行りの第6次産業のように、何から何までやる人もいます。

 

 

 

今の働いてる日本酒バーもそうかもしれません。

 

 

全てではありませんが、農業で酒米を作り、そして酒を製造し、更には提供まで。

 

 

 

 

でもこれはかなり難しくて、その大きな枠組みの中で結局それぞれの1人が個性を出し、得意分野で力を出し合っています。

 

 

 

 

だから、僕は器なんかにしても、食器にしてもできるだけ、こう言った思いを持ち、それを感じられるようなものを使いたいです。

 

 

 

 

 

お店のために作ってもらうところまで行けたら最高です。

 

 

 

 

 

それは理想ですが、、、

 

 

 

コップを作られている方に連絡するとすぐに返事をいただきました。

 

 

 

 

また、個展などをやる際にはお会いできたらなあと思ってます。

 

 

 

 

本当にネット時代はすごいです。

 

 

 

 

連絡を取るには手紙を書かなければならない時代から今では、携帯一本の時代。

 

 

 

簡単に連絡できたりする分、本物と偽物の区別をつけられるように五感を養わなければならないし、情報が手に入りやすい分、それをうまく分類し整理し取り入れていく能力が必要です。

 

 

 

 

その為には旅をして様々なものを見なければならないと思います。

 

 

 

 

 

今回の訪問はとても様々なことを学びました。食器をこうして真剣に見ることもあまりありませんでしたし、有意義な時間でした。

 

 

 

お店のイメージをしっかり考えて、これからそのような部分もしっかり選んで行こうと思います。

 

 

 

がんばります!

 

 

それでは^ ^