けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

GAGGAN ! best in Asia

行って来ました。ガガン!

 

f:id:kenchan1023:20170417115739j:image

 

国際的に分かるように。

絵文字を使ったメニューは25種類。

 

 

f:id:kenchan1023:20170417115825j:image

 

定番のヨーグルト爆弾。

相変わらずのインパクトでした。なんとか取り入れたいな、そう思っています。

 

f:id:kenchan1023:20170417115853j:image

 

チリボムはまたガガンスタイルです。甘辛を取り入れてバランスをとる。

 

味が真逆のものを組み合わせたり、食感や温度で差をつけたり。

 

こういう遊びがガガンです。

 

f:id:kenchan1023:20170417120328j:image

 

アイスクリームはウニ、マンゴー、ワサビ、ジンジャージェル。

 

こんな組み合わせ、どのように思いつくのでしょう。

 

 

クリエイターとしか言いようがありません。

 料理人の枠を超えています。

 

f:id:kenchan1023:20170417120430j:image

 

タコはマグロの赤身。そして、パクチーや玉ねぎのピクルスなど。

 

一口大で、純米大吟醸の華やかなお酒にも負けないであろう味わいです。

 

とてもインパクトがありました。

 

f:id:kenchan1023:20170417120556j:image

 

 

トンカツのインパクトも抜群です。

ポルトガルのもともとのスタイルで、にんにく、玉ねぎ、ミンチをカレーフレイバーとともに日本のトンカツスタイルで。

 

下には辛子が。

上にはドライキャベツが飾られ見ても綺麗な一品。

 

 

f:id:kenchan1023:20170417120756j:image

 f:id:kenchan1023:20170417120809j:image

 

茶碗蒸しはガガンカレー。

 

卵の下には蟹カレー。層になっていて、濃いから薄いへ。

 

下の方にはお米が。

 

 

混ぜてカレーにしていただきます。

 

 

香りも抜群です。

 

最高に贅沢な一品です。

 

 

f:id:kenchan1023:20170417120918j:image

 

 

見ても美しいイチゴのデザート。ラスクにカスタード、イチゴの上にはゼラチン。とても綺麗な一品です。

木箱で出てくるのも日本のフルーツの出し方からでしょうか。

 

 

 

 

 本当に大満足のガガン。

 

 

僕にとっての最高のお店です。

 

 

 

そして、日本人の料理人の方ともいろいろお話をさせていただきました。

 

 

驚いた話に、半年働いて来て、5人ぐらいの日本人に一生来ないです、と。

 

 

これがアジアナンバーワン。

 

 

震えました。

 

 

これだけ独創的に突っ走るとアンチは当然。

 

 

 

なんでこの組み合わせである必要が?

 

 

そんなことを思われてしまうようです。

 

 

 

 

僕は、そこのチャレンジが好きだし、楽しいし、何よりクリエイターとして新しいものを表現して行くところにものすごく楽しさ、美しさ、人間らしさを感じます。

 

 

 

 

料理を料理としただけで判断する人もいますし、その気持ちも分かります。

 

 

 

でも僕は、料理を物作りと考えるし、飲食店は空間やサービスも込みであることをうたいたいです。

 

 

 

そうでなければ、僕はやる必要もないかもしれないと思うほどです。

 

 

 

自己表現としての料理を。

 

 

 

 

これからもやっていきたいです。

 

 

 

寿司もどんどん変えて行く。

 

シンプルを極める引き算の美学に少し何か足し算をしていきたいし、たまには割り算、掛け算も。

 

 

 

変幻自在で柔軟。

 

 

これは諸刃の剣で、悪く言えば芯がないということになります。

 

 

 

とてもリスキーです。

 

 

 

でも、ガガンに3回目でやはりこの変化が楽しいですし、変化し続けるのがガガンです。

 

 

 

この、一見ブレているような、多国籍で様々な影響を受けながら。

 

 

 

これを貫くということです。

 

 

これがガガンのスタイルになっていることを通うことでより鮮明に感じるようになっています。

 

 

 

今年もう一度来れるよう、それを目標に頑張ります。

 

 

 

良いモチベーションになります。

 

 

 

がんばろう!