読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

美味しいお店22 Eat Me バンコク

こんばんは!

 

圧倒的なお店でした。

 f:id:kenchan1023:20170416184714j:image

 

この雰囲気。完全にやられてしまいます。

 

メニューはアラカルト。 

それでもアジアトップ31に。

オススメを選んでもらいました。

 

トマトのサラダは、まさかのバニラアイスとの組み合わせ。

f:id:kenchan1023:20170416184727j:image

 肉厚のフルーツトマトとバニラアイスの組み合わせは初めてでした。

 f:id:kenchan1023:20170416184855j:image

カクテルにきゅうりとレモン、それからグレープフルーツのものを。さっぱり、すっきり。とても美味しかったです^_^

 

 

f:id:kenchan1023:20170416184934j:image

 

驚きはフィットチーネ

歯ごたえが残りながらとても味が複雑な一品。

ウサギの肉とは思えないほどクセもなく、食べ飽きることもありません。

 

再訪を確信しました。

 

f:id:kenchan1023:20170416184828j:image

 

イベリコ豚のピーナツを使ったソースで。

レアに焼かれた肉はものすごく柔らかく、豚であることを忘れるほどです。

 

f:id:kenchan1023:20170416185146j:image

 オーストラリアを感じるデザートは少しヘビーでしたが、薄暗くディープハウスが流れる店内にはアジア人はほとんどいませんでした。

 

 

 

かと言って、居心地が悪いこともなく、むしろとても心地よく。

 

 

お会計もそこまで高くはなく、びっくりしました。

 

 

 

お店の作りは細部まで行き渡り、スタッフの満足度は高く見受けられ、飲み物から食べものまでとてもレベルは高いです。

 

 

 

客層もカップル、家族、そして目立つのが女性のグループ。

 

 

様々な客層を取り込みながら、食事、サービス、内装、客層と、全てがかなりのハイレベルなお店です。

 

 

 

これから、自分がバーの居抜きで店を始めることもあり、とても参考になるお店でした。

 

 

お店の作り方や細部へのこだわり。置くものや、使う食器なんかもこだわる必要がありそうです。

 

ここまではやっていい。ここからはやっちゃダメ。

 

こういう線引きってのが様々なお店でありそうで、それは店主のキャラや、お店の内装、場所なんかで決まると思いますが、それを考える上ではとても良かったです。

 

 

 

 

やれることかなり広がった気がします。

 

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170416185914j:image

 

レシートでもこのように見せたり、細かいところですが詰めて行くと面白いかなと思います。

 

 

 

 

タイのお店は常識がない分、遊びでいろんなことをしています。僕のお店もタイのお店のような遊びを残しておきたい。そんなことを強く思いました。

 

 

音楽についても。

 

 

 

いろいろ考えなきゃいけません!

 

それでは^_^