けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

meatlicious 再訪!

こんばんは!

 

 

タイの食べる旅は続いています。

 

アジアNo. 1、GAGGANのカジュアルなお店のMeatlicious.

一人5000円ぐらいで飲んで、食べられる感じ。

訪問した昨日も、満席で、ものすごい活気です。

 

いくつも食べましたがハイライトはイベリコラムのラムチョップ。

f:id:kenchan1023:20170415222549j:image

 前に来た時よりも脂分の多いものを使っているそうで、香りが立って美味しかったです。

 

ニンニクやハーブもたっぷり。

 

f:id:kenchan1023:20170415222820j:image

 

お気に入りのフォアグラブレークファースト。

 

これも本当に美味しいです。フォアグラを使ったマーガリンのようなものをディップします。表面はキャラメルになっていて、その上にはチェリーのシロップが。

 

 

意外な組み合わせで新しい味を面白い出し方で。

 

本当にガガンスタイルです。

 

 

f:id:kenchan1023:20170415222946j:image

 

セビチェも秀逸。

 

ちょっと辛いので寿司屋ではダメでしたが、でも使えるようにアレンジをしたいなあと。サーモンとホタテでした。

 

 

f:id:kenchan1023:20170415223100j:image

 

この肉屋のミートスパ。

かなり複雑な味が絡み合い、ホワイトなのか、ミートソースなのか、それともトマトなのか、ペペロンなのか。

 

 

全ての要素を感じました。

 

 

とても面白いmeatlicious スパゲッティ。

 

また食べたいと思うような味です。

 

Gagganさんの料理を直接的に寿司に取り入れることは難しいですが、ものすごく参考にはなります。

 

どうにか面白い要素や見せ方を盗んで寿司に落とし込んでいきたいです。

 

 

味の複雑さや、常識にとらわれないような組み合わせなんかは全く別のところからインスピレーションを受けることができそうです。

 

 

 

明日はついに念願のGAGGANへ。

 

 

今から楽しみで仕方がありません。

 

 

一年前の今ごろ、料理を本気でやるという気持ちになったお店です。

 

 

Gagganで食べて、心を震わせ、その時に影響を受けた人と特別な時間を過ごすかけがえのない時間です。

 

 

僕はこれからも一年に少なくとも一回はここを訪れると思うし、gagganさんが日本に移転した後には福岡へ通うことになりそうです。

 

 

 

明日はまたものすごく影響を受ける日になりそうです。

 

 

 

それでは!