読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

また、一心光洋さんへ!

こんばんは!

 

今日もまたJR高島屋の九州物産展へ!

 

そして、寿司食べてきました。

 

 

本物です。一心光洋さん。

 

f:id:kenchan1023:20170406163654j:image

 

ノドグロの蒸し寿司は本当にひっくり返ります。

 

 

今日は二度目。

 

 

いろんなものが見えました。

 

 

教えてもらえることも多かったです。

 

 

4人で3時ごろに行ったのでいろんな会話できました。

 

 

周りもそんなに混みすぎず。

 

 

ワインのペアリングは正直にワインに詳しくない以上、言われるがままに。

 

 

 

 

ワインを覚えるには飲み比べをしなければならない。そんなことを聞いたことがありますが、本当にその通りで、ペアリングで飲んでいると、何が何だか分からなくなります。

 

 

 

とても合うんですが。

そういうもんだな、、という反応までしかできません。

 

ソムリエが勧める。

 

ここに乗っかるしかない。

 

これが現状でした。

 

 

じゃあ自分は何をするべきか?

 

 

日本酒を勉強し、これからも日本酒を追っかけて行く以上、唎酒師をしっかりとって、知識経験を積む。

 

 

ここにかなりのフォーカスをするべきだ。

 

 

そんなことを思いました。というかモチベーションにもなりました。

 

 

ワインは1種類だけ、日本酒飲めない人ように、置くだけです。万能の飲み疲れしないものを。

 

 

f:id:kenchan1023:20170406164818j:image

 

 

個人的に残ってるのはこのロゼ。

 

白よりで色も淡い紫に近い感じでとても赤身に合いました^ ^

 

f:id:kenchan1023:20170406164856j:image

そしてこの古酒感の強いワイン。

 

こちらも良かったです。

 

 

f:id:kenchan1023:20170406165100j:image

 

ただ、飲み疲れしないのは?

 

それを考えるとこの白なのかなあとか。そんなことも思いました。

 

 

 ワインもある程度、勉強する必要が出てきました。

 

 

やることが更に増えています。

 

 

 

大変です!

 

 

 

でもまずは、目の前のことを。

 

日本酒。

 

それから自分の今まで見てきたもの、感じてきたものを一度形にしたいです。

 

 

 

そして、そのやることをする上で芯となるもの。

 

 

 

これについてはこの一心さんでの体験が生きてきそうです。

 

 

 

なんか知らないけどまた行きたくなる。

 

 

これは、口の中のみで決められるのではなく、雰囲気、お話、におい。五感の全てを使うことで形成されるんだなあと。

 

これをもっと意識したお店づくりをしたいなと思いました。

 

 

 

 

そういう意味では、一心さん。

 

 

また明日にでも行っちゃう可能性があります。

 

 

 

美味しいは最低条件。

 

 

 

その遥か上を行っているすごいお店です。

 

 

 

宮崎に行った時のことは、近いうちに訪問記でアップします!

 

 

それでは!