読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

サービスに価値を!

こんばんは!

 

今日も良いお客様に恵まれてとても楽しい時間を過ごすことができました。

 

日本酒は本当に薦め方で、お客さんの反応が全然違ってきます。

 

 

最近はそれを感じるので、自分もなかなか接客に慣れてきたのかなあと思います。

 

 

言葉のチョイスだったり、タイミングや、間の取り方。

 

うまくやって行きたいです。

 

寿司バーを目指すわけですので、やっぱり接客にも力を入れたいです。

 

 

ただ、この目に見えないサービスに対して、お客さんがお金を気持ちよく払えるかどうか。

 

 

ここがこれからの課題です。

 

 

例えば、単価を1万円ぐらいに設定し、帰るときに安いな、とか、良い気分で帰れるどうか。

 

 

飲食店はうまいは当たり前。

 

 

そこが最低ラインで、そこからいかに楽しませたり、お客さんのコントロールができるかって話です。

 

本当に難しいことだと思います。

 

 

 

そして、リピーターを作ること。また来たいと思ってもらえるかどうか。

 

 

 

考え出すと難しいことが次々に。

 

 

昨日はお手伝いに行って、そんなことを感じました。

 

 

お客さんとの関係構築がとても上手です。

 

 

フレンドリーに行くところは行くし、お金を頂くときはとっても丁寧にありがとうございましたの一言。

 

 

その辺りの距離感は見事の一言でした。

 

 

子供に対して、お年寄りの方に対して、いろんな話をしながら、かと言っててきとうにすることなく。

 

 

この、サービスに対価が支払われ続けて成り立つ店のように思います。

 

 

もちろん、パスタは美味しいです。

 

 

美味しいは美味しいですが、その味以上に魅力の溢れるお店。

 

 

リピーターが絶えません。

 

 

本当に驚きました。

 

 

そして、その雰囲気作りなんかは、自然と湧き出てくるものだと思いました。

 

 

それまでの人生、どのように生きてきたか。

 

 

それにかかってると思います。

 

 

常に遊び心を持ってることで、変なお客さんがいてもうまくたち振る舞えるとのことでした。

 

 

そこで余裕がない行動をすれば、それは雰囲気を悪くしていきます。

 

 

 

時給についても高めに設定して、サービスのレベルをあげているとのこと。

 

働く人が小さいことを考えていたら、お店自体の空気感も変わります。

 

 

そう言ったところを学びました。

 

 

これからもちょくちょくお手伝いに行きますが、本当に学びが多いかと思います。

 

 

ずっといるべきではないでしょうが、たまにお手伝いをしながら、そのお客さんの回し方を見ていきたいです。

 

 

かなりの学びになりそうな予感がします。

 

 

 

これからまた楽しみが増えました^ ^

 

 

それでは!

 

 

まかない!f:id:kenchan1023:20170328013002j:image