けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

家族は偉大!

こんばんは!

 

今日は寿司会の予定でしたが、休みを取らせてもらうようお願いし、実家に帰ってからおばあちゃんの家にも。

 

色んな話をしながら、とても元気になりました^ ^

 

 

移動中尾崎豊を聞いてました。

 

 

なくした1/2という曲です。

これがとても良くて、、、

 

 

ひとりぼっちの夜の闇が やがて静かに明けてゆくよ


色褪せそうな自由な夢に追いたてられてしまう時も


幻の中 答はいつも朝の風に空しく響き


つらい思いに愛することの色さえ 忘れてしまいそうだけど


あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても


さあ 心を開く鍵で自由描いておくれ

 

安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる


信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから

 

ついてない時には 何もかもから目をそらすけれど


僕は壊れそうな愛の姿を 君の心に確かめたいだけ


いつまでも見つからぬもの捜すことも必要だけれど


ひとつひとつを暖めながら 解ってゆくことが大切さ


あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても


誰もがみな 愛求めて世界はほら 回るよ

 

安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる


信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから

 

あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても


さあ 心を開く鍵で自由描いておくれ

 

安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる


信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから


あきらめてしまわないで 真実はやがて訪れる


信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから

 

f:id:kenchan1023:20170318013150p:image

f:id:kenchan1023:20170318013155p:image

 

歌詞を書くなんて手抜きのようなブログですが、、、(^^;;

 

 

 尾崎豊をよく聞いてたのが高校生の時で、よくわからなかったけど、なんか好きでした。

 

そして、今聞いてみると、歌詞がものすごく良いんだなって思うようになりました。

 

 

一生懸命、思い切り、労力をかけて頑張っているとやっぱり自分の中の人間としてた幅が広がったのか、こういったものを、素直に受容できるような気がしました。

 

 

もちろん、まだまだ分からない部分もありますが。

 

 

こういう芸術や本なんかもそうですが、受け取り手の力量が試されるようなもの。

 

 

これは、たまに読み返したりしてみると、スッと入ってきたらします。

 

それは成長とも言えるでしょうし、経験とも言えるかもしれません。

 

 

その辺りは様々かと思いますが、こうしてじぶんが理解できることが増えていること。

 

 

やはり経験値がプラスされているように思います。

 

 

 

人間らしく、人に頼りながら、自分も貢献していく。

 

 

とにかくその繰り返しだと思います。

 

 

そして、自己表現をすること。他者の表現を受け入れること。

 

 

忙しかったり、大変だったりすると基本的なことを忘れてしまいます。

 

 

大切な家族と過ごしながら、基本的なことを思い出させてもらいました。

 

 

何のために生きるのか。

 

 

自分が自分らしくいること。

 

 

当たり前のことに気づいた途端、体が軽くなり、不思議と疲れから目が二重になってたのが直りました。

 

肩の力が抜けました。

 

 

もちろん不安もありますが。

 

やりたいことをやる。

 

これも突き詰めれば家族や好きな人たちと幸せに生きていくためだと思います。

 

 

家族に感謝です^ ^