けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

寿司屋なら寿司を!

こんばんは!

 

 

今日は日帰りで大阪でした。

 

面白い縁で、つちやさんという天ぷら屋さんに、岐阜県の飲食業界隈の方々とご一緒させていただきました。

 

ミシュラン二つ星とのこと。

 

お店の作りがまずすごくて、外観から最高です。

f:id:kenchan1023:20170314014938j:image

天ぷらに関しては、カウンターでいただけなかったのが残念ではありますが、蛍烏賊なんかは旬ですごく、美味しかったです。

 

他にも宮崎牛の天ぷらはタスマニア産のマスタードが添えてあったり、アワビの肝ソースとアワビの天ぷらなんかもすごく良かったです。

 

f:id:kenchan1023:20170314015106j:image

 

八寸は美しく、シャリのペーストを使ったシメサバは面白いなあと思いました。

 

こんな出し方があるなんて!

 

 

f:id:kenchan1023:20170314015151j:imagef:id:kenchan1023:20170314015158j:imagef:id:kenchan1023:20170314015217j:image

 

 

ただやっぱり天ぷらは一つ一つ食べたかった!それがとても悔やまれます(T ^ T)

 

 

f:id:kenchan1023:20170314015251j:image 

このヨーグルトのアイスはかなりさっぱりで美味しかったです。

 

 

本当に綺麗にまとまっていて、全てが美しい。

 

 

そんなお店でした。

 

 

 

ただ、ガツン!とハートに訴えるような味ではなかったかもしれません。

 

 

何なのでしょうか、この違いは。。。

 

 

 

他のお店で感じたコンセプトのようなものをあまり感じませんでした。

 

 

一つ一つがはっきりしているだけに、とても惜しい感じでした。

 

 

 

お刺身などはいらなかったと思うし、天ぷら屋ならガツンと天ぷらを食べたい感じ。

 

 

寿司屋のツマミが多すぎると不評なような、そんなものを感じました。

 

 

 

そういう意味では、とても勉強になりました。

 

 

いくら技術が高くても天ぷら屋を名乗る以上天ぷらをガンガン出して欲しいかもしれません。

 

 

 

寿司屋なら寿司。

 

 

コースでも最初から。

 

 

それを目指していきたいと思いました。

 

 

 

1.5時間で終わらせるので、それも含めて、とにかくスピード。

 

 

寿司はダラダラ食べるものではありません。

 

 

なので、なおさら。

 

 

 

最初の6貫は10分で。

 

そこからスピードを変えて、ゆっくり驚きを与えて行くような感じ。

 

 

今日はまさにそれ真逆で、天ぷらにたどり着くまでが本当に長かったです。

 

 

これでは、本当に焦らされすぎてお酒も回ってお腹も一杯になってしまいます。

 

 

寿司屋ならやっぱり寿司をガンガンいって、おつまみ数点。

 

 

そんな感じのお店が良いかなあと思いました!

 

 

それでは^ ^